snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
結構前になるが、こんな話題があった。
『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス

今や服装なんてのは勿論、iTunesのプレイリストでもその人のセンスが
色々言われたりされる時代らしい。iTunesのプレイリストから、というより、
それを氷山の一角とした、そこから透けて見える音楽生活──その人が
どういうジャンルの、どんなミュージシャンの曲を聴くのか、それについて
どの様に語り、伝えているのか──という感じだろう。

上の記事を見るに、よそ行きのプレイリストを作成したりもしているとの事だ。
まあ、これに対する反応としては、「他人の目を気にして音楽なんか
聴いてられない
」「自分の趣味を貫け」「音楽に貴賎はねーよ」といった
類の意見が頭に浮かぶ。実際、この記事がアップされた当時もそんな意見が
大勢あった。

とはいえだ。開き直ったヲタクほど見苦しい者は無い、などと言いたくは
ない。しかし「音楽に貴賎はない」「好きならそれでいい」というのは
真実味はあっても、現実的ではない。
いわゆるヲタク趣味で置き換えて考えてみれば解りやすい。
例えば、アニメにしろ、マンガにしろ、ゲームにしろ、履歴書の趣味欄に
書こうものならどうなるかは、容易に想像できると思う。
クラシック音楽の鑑賞とハードロックを聴くこと(「ムソルグスキーが好きです」、
というのと「NASHVILLE PUSSYがクールだぜ」というのと)、では相手に与える
印象はまるで違う。社会的な一般認識上、身分差というものは確実にあるからだ。
カラオケでドン引かれる様な曲しか歌えない状態で、合コンに行こう
と思う人は少ないだろう。真実ではダサくなくても、現実ではダサいのである。

初めっから上記の様な開き直りが出来る人なんて、実際は物凄く少ないと思う。
いきなり開眼する様なのは逆に問題で、ある種の殻に閉じこもってしまってる
ともいえるかもしれない。「俺は○○が好きだ! けどやっぱ女の子の前で
いうのは恥ずかしい……。」的な葛藤を日々繰り返して、次第に自分の趣味を
客観的に把握したりできるようになり、結果、確固たる価値認識ってのは
形成されて、ぶれないハッピー状態になるんだろうから。

で?
……………………。

うわー、オチが無いですよ。
そもそも、なんでこんな意味不明文を長々と書き連ねたかというと、
ミュージック・バトンなるものについてぼんやり考えている内に、こうなって
しまったのだった。下手したらプレイリスト以上のものを曝け出してるわけで。
もう、その筋の人から見たら、きっと卒倒しそうな情景が、最近のブログ界を
駆け回ってるんだろうなぁ、と。人のことはいえません、ええ。
(その他、色々喧しくバトンが駆け巡ってますが、全部同様)
このページのトップへ
レビュー 文中の評価の基準

 

今回のレビューはメタルから離れて、ブリトニー・スピアーズ 「Britney」

 

britney.jpg

ある意味で私の音楽生活の始まりともいえる一枚。
それまで、ろくに音楽を"聴く"という行為をしてこなかった私にとっては、
その鮮烈な印象は本当に物凄いものが会った。

 

何度聴いたか解らないくらいに、聴いた。今でも全曲の歌詞を、
音としてある程度暗唱できる位だ。

 

当時、レネ・マーリンの「Playing My Game」や、ジュエル・キルヒャーの
This Way」なんかも聞いていたが、ダントツでこれが好みだったなぁ。
(どっちも好みからすると、チョト暗過ぎたもんで)

 

さて、アルバムについて述べると、
ブリタンのアルバムは四枚発売されているが、思い入れ抜きにしても
このアルバムが一番好みだったりする。大まかに位置づけを述べるなら、

 

・ 1st「Baby One More Time 」 :
純然たるアイドルポップス。しかし、超ヒットしただけあって、タイトル曲をはじめとしてクオリティは物凄く高い。OK.。

・ 2nd「Oops!...I Did It Again」 :
劣化1st……。スルーとはいいたくないが、それに近い待ち

・ 3rd「Britney」 :
アイドル路線から脱却をはかるべく路線変更の一枚。メロディのポップさは失わずに、粒揃いでバラエティにとんだ楽曲が入っている。

・ 4th「In the Zone」 :
↑をさらに推し進めた結果、完全なるアメリカ音楽(ヒップホップ、R&B)調になってしまった……。曲いいけど好みじゃない。 しかし、マドンナとのデュエットが神なので、OK.。

 

な感じで。好みと楽曲の質のバランスが最も取れているのがこの 3rdなのだ。、
捨て曲皆無で今でもたまに取り出しては、じっくりと楽しんでいる。

 

総評は買え!という事で一つ。

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
.I'm A Slave 4 U
3:23
満足

正に衝撃だった。
脳:下半身=5:5
5.と同路線のエロエロ。

即効

2.
Overprotected
3:19
満足 ↑から一転。真っ当な
ダンスチューン。
間奏部のラップが
超カッコイイのだよね。
普通
3.
Lonely
3:20

イイ!

ポップなR&B。
聴きやすい。
普通
4.
I'm Not A Girl, Not Yet A Woman
3:51
普通 後に、シングルカット。
映画とタイアップもされたが、
個人的にイマイチだと思う
普通
5.
Boys
3:28
悶絶 エロ杉。
地を這うような妖しい
ファルセットとキュートな喘ぎ。

こんな曲があっていい
のか! と当時思った
ものです。

即効
6.
Anticipating
3:15
満足 80年代ディスコ風の
軽快なナンバー。
メロディアスっす。
即効
7.
I Love Rock 'n' Roll
3:06
悶絶 ジョーン・ジェットの
名曲のカバー。

漢らしくカッコイイ原曲に
対し全く異質なキュート
&セクシー路線で勝負

 

結果:ハァハァ(;´Д`)
こういう解釈も大アリだ。

即効
8.
Cinderella
3:39
イイ! 題名とは裏腹に
バッドエンドw
曲はいいよ。
スルメ
9.
Let Me Be
2:51
イイ! 3.と同じくいいメロを
持ったR&B。
普通
10.
Bombastic
3:05
イイ! 2.と同路線。
バックの演奏が大人しめ
なので声を堪能できる
普通
11.
That's Where You Take Me
3:32
神降臨 声可愛すぎ……。
ナニコレ(悶死
即効
12.
When I Found You
3:36
イイ! しっとりとしたバラード。
囁くような歌唱が最高
普通
13.
Before The Goodbye
3:50
イイ! ドラマティックでノリの
いいダンスチューン。
捨て曲ねぇな……。
普通
14.
What It's Like To Be Me
2:50
イイ! 恋人(当時)である
*NSYNCのJustin・
Timberlakeとのデュエット。
スルメ

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ
おあっ。重大なことを忘れていた……。
「レビューポリシー」についてだ。

まずは"ネット"レビューというもののあり方について、私の意見を述べたい。
レビューというと私を含め多くの人は「客観的な対象の評価を述べるもの」
というイメージがあると思う。他人に見てもらう以上恣意的な表現は、
出来るだけ避けるべき、ということ。

ここでは「客観性」についての議論はしないものとする。

しかし、果たしてそうか? 客観的というからには、一つの対象への見方には
それほど違いは生まれない。表現の差異(誤差)を考えても二、三人が書けば
充分だと思われる。しかし、ネットでレビューを書いてる人間は二、三人どころ
ではない。私は本サイトの雷X氏のサイトの紹介文でこう書いた。

彼の書く文章は、巷にあふれる報告書の様なレビューとは一線を画す。
ずしりとした"我"があるのだ。作品の本質を一掴みにし、それを自分自身と共に
迸らせている。その熱さは強力な訴求力をもって読み手を圧倒するのである。


(雷X氏のサイトではレビューではなく感想となっているが、界隈に於いては、
ほぼ同義に用いられていると解釈しているので、ここでもそうとする)
これが結論だ。レビューに書くべきは「それが作品の本質だ(と自分が感じた事」
であってそれ以外ではない。(自分が感じた、というのが肝要。例え対象のファン
全員に否定されたとて「百万人と雖も我行かん」の精神で。尤も、その楽器が
使われていないのに褒める、などどいった単純な間違いは別だ。いうまでもなく)

では翻って先日の私のレビューを見てみよう!

……………………………………。
…………………………。
………………。
……。


残念なお知らせです。↑で述べた「客観的で」、「二、三人分あれば充分」な
レビューに思いっきりなっておりました(死 世間のトレンドに万歩遅れて
レビューなんぞ始めたというのに、この体たらく。泣けてくる。

というわけで、このサイトのレビューというものは、
主観バリバリな文が苦手な人間が、レビューとは主観を書くものだ、といいつつ
全然そうなっていない文を書くという、そんな凡百などうでもいいレビューになる
と思われますが、よかったらご覧くださいませ。ハハハ……。
なお、作品内の評価(イイ!や満足)は絶対評価ですが、当然A級アーティストと
B、C級アーティストとではその含意は違うでしょう。同じ"イイ曲"という表現
であっても。それは例えば、回転寿司に対する美味しい、と高級寿司に
対する美味しい
が違うようなもの、と解釈していただければよいかと思います。



補足:
客観的アプローチで、かつ有用なのを作ることも、当然不可能ではないでしょう。
が、流石にそれをするにはblogでは不十分だし、やる気も相当いるからね……。 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

03月 « 2018年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。