snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
無念フェデラー
世紀の大記録を見ることは叶わなかった。
しかし、それに匹敵する位に価値のある名勝負を観ることが出来た。


栄冠ナダル
Rafael Nadal ウィンブルドン優勝おめでとう!
ウィンブルドン公式

22時にテレビを点けて、結局床についたのは5時を大きく回ってから。
雨中断があったとはいえ、サーフェイスは土じゃなくて芝だぜ。
今年はEUROや全米プロゴルフの時も大概だったが、全く酷い目にあったw

去年の記事と同じことを書くが、まさかここまでの試合になるとは……。
第1セットを取られて。2セットは先にブレイクするもすぐにブレイクバック。
さらには突き放されて、2セットダウン。正直、終わったと思ったよ。
が!、そこからが五連覇中の王者の底力で真骨頂。相変わらず要所で決まる
サービス(贅沢を言えばもう一声欲しかったところではあるが)。そして、
キレにキレたフォアの逆クロスとストレートは絶品だった。

それでも最終セット、勝敗を分けたのは体力の差、かなあやっぱり。
相手が相手だけに心身の消耗激しく、最後はかなり厳しかった様に見えた。

毎度ながらナダルのカバー能力はマジで人外すぐる。
ウィナー級のショットを次から次に拾う様には、何度も溜息をつかされた。
そしてあのストロークの重さ強さ。フェデラーをしてあれだけ
ミスを出すというのは、それだけ拾われまくったからであり、球が重かったという
ことだろう。(対策っていっても、これ以上のバック強化って、出来得るんだろうか……。

逆に言えばお互いそこまでやってもこの僅差。決勝までの圧勝ロードも当然だわ。
そりゃ他の人じゃ手も足も出ないよなあ。試合のレベルが違い杉。


さて、ここからはハードコートの季節。4大大会を一つも取れずに迎えたのは
長らく振り(四強、準優勝、準優勝で物足りないってのは凄いけどw、
ここからはナダルの代わりに、ジョコを初めとした強豪との戦い。
全米、マスターズカップ。いつもの鬼フェデラーを見せ付けるか、
2008年はこのまま厄年なのかw、目が離せない。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/84-9e0e47a6
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。