snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
前作「Keeper Of The Seven Keys - The Legacy(守護神伝 -新章-)」の
有無を言わせない完成度によって、世界中のキーパー厨を黙らせることに
成功したジャーマンメタルの雄 HELLOWEEN。
キーパーの呪縛から解き放たれ、キャリア20周年を迎えた彼らが送り出す、
次なるアルバム、それは……

「Gambling With The Devil」
Freeway by.User
・ 2520円(税込)
・ ビクターエンタテインメント
・ 2007年10月24日発売済


現在、世界中でメロディック・メタルの再評価・再発見が行われている。
それはあのメロディック・メタル不毛の地アメリカですらも例外ではない。
またMySpace では最近、音楽スタイルの表現として、"HELLOWEEN"
という言葉が使われる事もあるという。

そんな機運とも合致し、前作「守護神伝 -新章-」は世界中で高い評価を受け、
ライブツアーは実に34カ国93回にも及んだ。その模様は今年、DVDとしても発売されている。

(日本はともかく)欧州では、新興勢力に押されて、現在進行形のバンドとしては
存在を見失われかけていたバンドは、見事にシーンの中心へと再び、復活を果たした
のである。

とはいえ、皮肉な事だがそんな名盤の次ほど難しいものはない。
前作の成功がそのままプレッシャーとなるからだ(卑近な例だが、大吉を引いた
次の年のおみくじを想像してみようw)。また物理的にも、長期のライブによって
時間的制約が増すということがある。

しかし彼らは、 後者に関しては、「ヴァーチャル・プロダクション」という手法を用い、
制作活動を飛躍的に効率化することで。
前者の問題は、「Keeper ~3」を常に望まれることに対する、ある種の理不尽な
重圧から解放されたこと。そして何より、バンド内の極めて良好な人間関係から
生まれる余裕とケミストリーによって、あっさりと乗り越えてしまった。

ギターハーモニーでは、特にそれが顕著に感じられる。アルバム全編に渡る
練り込みと若々しいアグレッシブさは、とてもベテランバンドとは思えない。
良い意味で、初期のカイ在籍時の風を強く感じさせる。

呼吸が詰まる程に濃密な、緊張感に満ちたアルバムであった前作に対して、
今作は奔放で自由で弾ける様な勢いが感じられる。コンポーザー達が各々の
個性を活かした楽曲を披露してくれている。またライブ中から曲のアイデアを
集め始めた事も関係するのか、非常にライブ生えしそうな曲も多い。
らしさを残しつつも、常に多様で新鮮なHELLOWEENの音楽がここにはある。
HELLOWEENの新たなる黄金期を確信させる作品だ。

一方、作品のテーマやそれに伴う歌詞については、前作の延長線上にあり、
極めて重々しいものが大半である。
その中でもハイライトはやはり中盤のアンディによる三部作(トリロジー)であろう。
どの曲もそれほど長くはないが、それでいて一筋縄ではいかない曲ばかり。
ファンタジーを絡めつつも生々しく容赦の無い歌詞も併せて、正に渾身の大曲といえる。
なおこの三曲は、システム的にも曲間無しで続いて聴こえる仕様になっている。


今作が中弛みしないのは、真ん中をこの三曲がどっしりと押さえている事もある筈。
スピード・メタルでこの三部作を挟むという構成は、なかなか巧妙で憎い。


因みに、今作を「Better Than Raw」に擬える発言を、B!誌を始めいくつか
見かけたがあながち的外れでもない様に思う。別にそれは、単に二曲目にブルータルな曲があるから、というだけの理由ではない。

HELLOWEENを代表するアルバムといえば(諸説あるのは承知だが)
「Keeper Of The Seven Keys」「The Time of The Oath
「Keeper Of The Seven Keys - The Legacy」の三作だろう。
いずれもライブ盤が出されているし、各バンドラインナップの頂点といえる作品だ。
「ベタザン」と「GWTD」は、それと同一メンバーで作られた次の作品という
共通点があるのだ。

今回のアルバムはイマイチ地味な印象だった「BTR」以上に受け入れられるのか。
是非とも、そうなって欲しいものである。


他に特筆すべきは装丁。HELLOWEEN歴代の中では最も良かった 「Dark Ride」に
匹敵するものだと思う。表面は立体感のあるデジパック仕様。開くと一頁ずつに、
曲を象徴した絵が載ったカードが数種類描かれている(守護神の札も)。
CDはルーレットを模したものとなっており、その下の台座にはサイコロが四つ
描かれている(ご想像の通り、6,6,6,カボチャ、だw)。
DRの絵も色彩もシンプルで迫力のあるジャケ・ブックレットの絵・写真も良かったが、
今回のも統一感があって中々良い。



評価は文句なしの即買え!

公式サイトではアンディによる楽曲解説等も見ることが出来る。

スルー > 待ち > 普通 > イイ! > 満足 > 悶絶 > ネ申降臨
曲名 評価 コメント

タイプ

1
Crack The Riddle
0:58
-

Saxon のVo. Biff Byford がゲスト出演。
前半は遊園地の様な楽しげな効果音が鳴る中、店員(?)が呼び込みをしている。

後半はナレーションもSEもおどろおどろしいものへと変わり、聴くものを悪魔とのギャンブルに誘う。 そしてルーレットが回される……!

-

2.
Kill It
4:14
満足 ルーレットの効果音と重なるようにイントロが始まる演出はイカス。
曲は「Push」「Liar」の系譜に連なる、ブルータルナンバー。なんとアンディの作曲。

上記の二作で見られた以上に強烈な歌唱と、それでいてキャッチーなメロも耳を惹く。
Kill It, Kill It, Kill It!!」
ああ、ライブで合唱してえ。
即効
3.
The Saints
7:06

ネ申降臨

聖メタル。正に昇天ものの名曲。イントロからアウトロまで全て聴き所と言っても過言ではない。

7分の内、実に約2分がギターソロw ギターワークの素晴しさが際立つ今アルバム中でも、この曲は突出している。

個人的にアウトロは後一分位ずっと聴いていたかったw
即効
4.
As Long As I Fall
3:42
イイ! シングル曲。「If I Could Fly」風のピアノイントロからbridge まではゆるゆると進み、chorusで一気に弾ける。 スルメ
5.
Paint A New World
4:27
悶絶 サシャによるネオ・ジャーマンメタル。強烈なスピードと(2.程ではないが)ブルータルさ。 とにかく滅茶苦茶カッコイイ曲だ。

ギターもイントロからツインで押し押し。ソロパートでそのフレーズが戻ってきた時の興奮たるや……。

そして最後の、綺麗に締めた所をブチ壊すというアイデアは、間違いなくヴァイキーのものだろうw
即効
6.
Final Fortune
4:46
イイ! 巷ではやたら人気があるようだけど、個人的にはそれほどでもなかったり。

サビでもう一段階盛り上がってくれればなあ。
とはいえ、良い曲なのは間違いない。

即効
7.
THe Bells Of The 7 Hells
5:22
満足 前作の「Occasion Avenue」をぎゅっと凝縮したような曲。

初聴時に一番衝撃を受けたのはこの曲だったかも。アンディらしく一捻りがあるけど、キャッチーという曲。
即効
8.
Fallen To Pieces
5:53
悶絶 Queenの「Bohemian Rhapsody」を彷彿とさせるややシアトリカルなパワーバラード。
変態的な曲展開による没入感はかなりのもの。サビメロの哀愁は流石としかいいようが無い。
普通
9.
I.M.E
3:46
イイ! アンディ十八番のハードロックナンバー。三部作最後ということで、 悩みを振り払う様な力強い印象。
風変わりなギターソロも耳を惹く。
普通
10.
Can Do It
4:30
満足 まるで学園ドラマの主題歌の如く。異常に爽やかで明るいw  曲調も歌詞も底抜けで、重い内容が多い本作ではある意味浮いている。

トリロジーの直後ということからも、 「Dr.Stein」や「Mrs.God」の様に、聴き手を引き上げる役割の曲だろう。
即効
11.
Dreambound
5:57

満足

グラポウが作りそうな、インギーっぽいギター・オリエンテッドな一曲。とにかく弾きまくり。

普通

12.
Heaven Tells No Lies
7:00
満足 6.よりもこちらの方が好み。イントロからもうクライマックスw 哀愁のクサメロをまきちらす疾走曲。

Chorusの盛り上がりと静かに余韻を残していくアウトロは、アルバムラストを飾るに相応しい。
 
13.
We Unite(Bonus)
4:34
イイ! マーカスの曲。ボートラとはいえ、クオリティは高い。 普通に聴き所のある曲だが、6. 12.とマーカス作のスピードメタルが三曲目(シングルも含めると四曲目)ということもあり、 少々満腹感を感じないでもない。   
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/80-2dade98c
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。