snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ばくしょう ―せう 0 【爆笑】
(名)スル
大勢の人が一度にどっと笑うこと。
「満場の人が―する」


格式高い言葉じゃないからヌルーされてるけど、これほど誤用例が多い言葉も、
少ないんじゃあなかろうか……。


てな感じで、一発ネタ記事で終わってもいいかなとも思ったけど、せっかくだから
色々関連した例を出してみる。
「要諦」という言葉がある。どう読むかご存知だろうか?
正解は「ようたい」だと私は思っていたのだけど、「ようてい」でも問題ないらしい。
確かに、諦の字に「帝」が入ってるから、知らないとそうとしか読めない。
悪貨が良貨を駆逐した例の一つ、というと傲慢過ぎるかもしれないが、誤読が
一般化したという、まあそんな例の一つである。

もう少し身近な例では、「すいません」「すみません」というのもある。
口語はともかく文章上では「すみません」が正しい。「済まない」を丁寧に言った
ものが「済みません」だから、「すいません」だと語源がわからなくなる。
とはいえ、今では「すいません」が文章でも使われている例見ることは、最早日常的
である。この辺、ら抜き言葉と似たようなものだろうか。私はどちらにも否定的な立場
なのであるが、ここまで広まってしまうともう一個人としては出来ることは少ない。
いちいちひっかかる私は負け組(私の好きな作家でも、川上稔氏は「すいません」だし
「ら抜き」文章である。(私にとって)氏の、ほとんど唯一の瑕疵だと言って良い)

また近頃遭遇した例では「ハングル語」なる言葉がある。
ハングル(訓民正音)というのは文字の名称である。朝鮮語をハングル語と
呼ぶのは、日本語を「ひらがな語」。英語を「アルファベット(ローマ字)語」
というようなものだ。よって、ハングル語なる名称は存在せず、
韓国語、朝鮮語が正しい。

と思っていたんだが、実は違った。
日本(のメディア)独特のハングル語なる用語が存在していたのである。

これを知った時に思ったのは、「ふいんき(←なぜか変換できない)」
のネタだった。正しい知識だと思っていたら、実は一周回って間違いでした、
というやつだ。ここの1の人みたいに、半永久的に残る公共の場で
マジレスしてしまう事態には、これからも気をつけねばならない(笑)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/52-2ae3acd7
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。