snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

友人の某key氏が気に入っているという、ALI PROJECTなるバンド。
どんなの? と訊いたらサンプルを頂けたので早速聴いてみる。
女性Vo.+ゴシック系とのことで、参考作品として「WithinTemptation」や
After Forever」、「Evanescence」を手元に置き、いざ観賞開始。
お、以外と速くて強刺激な感j


ぎゃあああああああああああああああああ



な、なんだこの声・歌唱は……!?
思わず再生を止めてしまったw
こんなのを想像してたら全く違うものが出てきて焦った。

しかし本来、私は歌唱力や音質に極めて鈍感なので、落ち着けば問題なかろう、
ということで。テキオー灯を浴びて気を取り直して聴いてみる。
慣れてしまえば、EGO-WRAPPINに合成着色料を加えた様な※ものだと
冷静に判断できた。味になってるんだろう、これは。実際、歌え、と言われたら、
かなり困難だろうし。

※声色や音程が目まぐるしいスタイルに+独特な風味がのった、という意味、
まあ、EGO-WRAPPINもちゃんと聴いたことはないんだけどw 無責任でスマソ。

ともかく、ゴシック+女性ボーカル、ということで適当に関連性が深いと予想した、
所謂ゴシックメタルとは全く違う。ゴシック+ヘヴィロック+オルタナで
世界中で大ヒットし(て直後に消えていっ)たEvanescenceとも全然違う。

歌詞世界は、日本的なイメージのゴシック。耽美、ブラック、シュール、
等が重要なキーワード。界隈で雰囲気が似てるのは少女革命ウテナの音楽かなぁ。

曲調もそれを彷彿とさせるものがある。
もっと視点を上げると、メタリックではない「Moi Dix Mois」女性ver.。
でも一番最初に"似てる"と思ったのは、B、C級のメロスピだったりしてw
日本中で1000人もわからないレベルの例えを出すと、「Elfoer + Almora」!
私の脳内ではこれが一番しっくりくる説明かもw

良くも悪くも雑多で何でもアリ。かつ、メロを弄りすぎな所が、オタクセンスに
ストライクな感じというか。普通の感性で聴くと、もうちょいストレートでいいのに……、
と思うんだけど、常日頃刺激過多のオタハートにはこのくらいで「ええ湯加減」
となるのは非常に恐ろしい。ここら辺は「Sound Horizon」を聴いた時と
似たような印象だなぁ。

ともあれ、歌メロは極めてキャッチー。そしてインスト部分はアラビアンな
民謡風フレーズもあり、結構ツボを突付かれた。
なかなか良いものを教えていただいたということで。感謝です。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

バイト先の店にも

そういえば置いてありました(^^)
ジャケットがやたら濃かったんで印象に残ってましたよっ。
アニメ系の場所にあったから結構想像付いてたんですが、
「Elfoer+Almora」とは(笑)
ぼくの知らない世界にもメロスピ的ファクターが色々あるのですなあ。
今度借りて聴いてみます。コソーリとw

  • 2005/12/23(金) 12:28:33 |
  • URL |
  • 雷予報 #YhAUN0BI
  • [編集]

おす

木曜の寒波にあっさりとやられて、昨日は一日寝込んでおりましたw

>「ALI PROJECT」
過剰気味のメロ弄り+目まぐるしい展開、といった所がElfoer(イタリアンC、B級的
で、女性ボーカル+アラビアン、エキゾチックなモチーフがAlmoraな感じですかねー。
あと、音程が激しく不安定なのも妙にElfoerと被るw Elfoerのは完全に天然な
わけですが……w
インストパートがかなり大仰で聴き所になってるので、Vo.が無理でも、そこそこ
楽しめるかも?

そういえば、「Orkus」っていうドイツのゴシック情報誌なんですが、
それの今月号の表紙が、なんと「Moi Dix Mois」ですw ヨーロッパの
ゴシックブームも相当なものだ。
http://www.orkus-online.de/index.php

  • 2005/12/24(土) 22:22:35 |
  • URL |
  • 叡昭 #nLnvUwLc
  • [編集]

さむー

いですなっ。
あの日は大雪で学校行こうか迷ったけど結局行きますた。

>ALI PROJECT
レンタルされてて借り損ねちゃったので、また今度見てみまっす。

>Orkus
すげーw
噂には聞いていたけれど、ほんとに人気あるんだなあ。
ゴシック系で「これ!」というお気に入りを発掘できてないし、開拓したいなあと思いつつも気づいたらネオクラに走ってしまう(汗)
Dir en grayとかも人気あるらしくて、バリバリ化粧をしていた頃のスタイルとは違うけど、クオリティ高い音楽をやっているみたいですよ。

  • 2005/12/26(月) 03:51:13 |
  • URL |
  • 雷予報 #YhAUN0BI
  • [編集]

どこの雪国かと

京都の風景を見てて思いましたw
ホワイト・クリスマスなんて、フィクションの中だけと思いきや、
それより早くあんなに降るとは……。

>ゴス
「Dir en gray」はドイツのフェスティバルとかにも、出演してるみたいですしね。
ヴィジュ声にデス声とかも混ぜて、独自の世界観を作り出している模様。
B!誌ではVo.がイマイチ頼りないと書かれてたけども……。

あ、「Bloodbound」は結局、購入しますた。確かに曲は予想通り
よかったんだけど、似たパートが多くて曲の区別が付きにくかったりしたんで、
各所のレビューで思ったより高評価なのにチョト驚き。

  • 2005/12/26(月) 21:50:01 |
  • URL |
  • 叡昭 #HZLGOl4w
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/37-27227c21
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。