snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
レビューの前に。新譜発売まで10日をきり。ラジオでも続々オンエアされ、
過半数が既に耳に入りました。そんな、期待で胸が張り裂けんばかりの日々、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は先ほど全曲試聴にて、「さて、まだ聴いてない曲を試聴してみるか」と
手始めに「BORN ON JUDGMENT DAY」を聴き即効でドツボに入り、
感動のあまりガッツポーズ! → 仰け反り過ぎて椅子ごと転倒
、しかけました。

 

その時点で他の未聴分を聴くのが怖くなったので、発売まで保留ですw
てか、マジで今回、神盤確定の予感が……(今回ばかりは、限定主義や
原理主義では損だよ、きっと。

 


評価の意味に関しては 初回レビュー冒頭を参照してください。)
BetterThanRaw.jpg

 

で、本題。
本作「Better Than Raw」は、ジャケットだけで判断するなら……。
アベレージの高いベテランバンドが出した唯一の駄盤、的な雰囲気だが、
中身は全くそんなことはなく。前作である名盤「The Time of The Oath」からの、更なる進化を期して、という意図が感じられる良盤である。
(ところでこのジャケの魔女、朝河蘭に似ているという指摘があるが、
本当に似ていると思うw)

 

まずは、(前作で無いのが不思議だった)クラシカルなイントロから始まる。
そして立て続けに、衝撃作「PUSH」が鳴り出し、Helloweenっぽさと全く違った
サウンドにがっちり胸をつかまれる。と思えば、3曲目はヴァイキーによる
完全なるHelloween曲。4曲目もアンディらしさが満開の曲、と驚きと安心が
一気に襲い掛かってくる。主要ソングライターそれぞれの持ち味が、
充分に発揮されている

 

その後は中盤において、「Revelation」「I Can」。後ろは「Lavdate Dominvm」
「Midnight Sun」が固めるという充実の布陣。ただそれらの間の曲が、
前作に比べると、やや退屈な曲が多いのは残念な所だ。

 

前作の路線を踏襲する曲と。そして、新たな進化を模索する曲とが混じり合い、
将来の可能性を感じさせる一枚、という評価の反面。統一感という点で見るなら、
あまり良いところは見出せない。そこは今作では別の方を向いていた、
と捉えるべきだろう。次作での飛躍を期して(今言うと寒いが)の一枚なのだ。

 

買って損、などとは到底言えない。OK。

 

なおこのアルバムから、ヴァイキーの提供曲が一アルバムあたり3曲となり、
バンドの低迷傾向をやや助長してしまうことに繋がった。投入される曲の
クオリティは高いのだが。やはり最もHelloweenらしい曲を書くヴァイキーに
元気がないと、ファンも心底喜べないということだろう。

 

曲名をクリックするとHM/HRこの曲を聴け! のそれぞれの曲のページに飛ぶようになっている。
聴き所を知るには非常に便利であるので、是非、活用されたし。

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
Deliberately Limited
Preliminary Prelude
Period In Z

1:45
悶絶

すわ、スターウォーズか !?
と思うほど、壮大なクラシカル曲。
スペースオペラ風。

即効

2.
Push
4:47
満足 Helloween版Painkiller、という
よりは、HelloweenがPainkiller
を演奏してるという感じ。
らしくはないが、インパクトは抜群
即効
3.
Falling Higher
4:48

イイ!

典型的Helloweenナンバー。
intro→verse→bridge→chorus
と曲が進むにつれて、
盛り下がって行くのがどうもw
即効
4.
Hey Lord!
4:25
満足 アンディ節炸裂!
素晴しい哀愁とキャッチーさを
持つHR。ライブ版もいい感じ。
普通
5.
Don't Spit On My Mind
4:07
普通 ズギギギ、ガガガ、と物騒な
ギターが耳をつく。
悪くはないんだけど。
普通
6.
Revelation
8:23
満足 グラポウがDarkRideなら
ウリはこの曲。ドラマーらしい
独特のリフが耳を惹く。

 

あまりに独特過ぎて上手く
引けなかったヴァイキーが、ウリに
コツを尋ねた所、怒鳴られて
解雇の遠因となったというw
曰く付きの曲。

 

曲自体は展開の妙もあり、
長さを感じさせない素晴しさ。

即効
7.
Time
5:45
イイ! アンディの粘っこい歌唱が
栄える佳曲。かなーり鬱。
スルメ
8.
I Can
4:39
イイ! メタルを聴かない人が気に入り
そうなハイセンス(オサレ)HR曲。
前向きな歌詞と曲調がピッタリ
普通
9.
A Handful Of Pain
4:49
普通 5.、11.と、こんな感じの曲が
多いこの盤。bridgeの感じの
ままで、chorusに行って
欲しかったな。
普通
10.
Lavdate Dominvm
5:12
ネ申
降臨
別にタイトルとかけてる訳では
なく、普通に好きだからこう。
兎のThe Tuneと双璧のオキニ。

 

ゴスペルとメタルを融合させ、
ラテン語で歌うという正に、
ヴァイキーらしい発想の曲。

 

アンディもverseでは邪悪な
デスっぽい歌唱。
bridgeではクリーントーン。
chorusでは少年合唱団と
合わせて歌のお兄さんばりに
優しく。
と器用に歌い分けている。

 

一つの物語を描く様な、長い
ギターソロもまた素晴しい。

即効
11.
Back On The Ground
4:38

イイ!

ザクザクと刻むリフが印象的。
なかなか格好いい。
悲しいかな印象が薄いのは
やはりボートラというところか。
普通
12.
Midnight Sun Michael
6:20
満足 構築美溢れるヴァイキー入魂の
一曲。テクニカルな速弾きとは
また違ったギターワークを
楽しめる。歌メロはやや凡庸。
歌詞はえらくカッコイイ。
スルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

TB&コメントありがとうございました!

  • 2005/10/28(金) 09:38:46 |
  • URL |
  • きじま #gCBQAbbg
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/29-daa092f7

HELLOWEEN

今日の一曲は ”I WANT OUT”権利関係はビクターでよろしく。スコーピオンズ、アクセプトの次に出てきたジャーマンメタルの雄。ジャーマンメタルという音楽ジャンルを形成したという英雄的な立役者でもある。この曲は結構ストレートでジャーマンメ...

  • 2005/10/27(木) 09:25:59 |
  • やっぱMETALでしょ!

朝河蘭『ソフト・オン・デマンド 10周年メモリアルBOX』

SOD創立10周年を記念し、かつてないボリュームと価格で皆様にお届けする永久保存版!SOD10年の歴史の中から厳選した1,000タイトル、10枚組を破格でご提供!全裸シリーズ、マジックミラー号、痴...

  • 2005/11/10(木) 16:49:04 |
  • 朝河蘭

朝河蘭『私は痴女8時間100連発!!』

絶大な人気を誇る“私は痴女”の大総集編が遂に登場!!豪華オールスター痴女が勢揃い!!濃厚なベロテク、縦横無尽の高速グラインド、淫語の囁き…もはや言葉では説明不能な痴女プレイ、怒涛の100連発!!共演者...

  • 2005/11/10(木) 16:49:10 |
  • 朝河蘭
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。