snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
作品紹介
布教サイトといいつつ作品紹介がないという滑稽な状況がやっと改善できたぁー。「はじめて知った方へ」の読む順番の所で、「作品紹介を見て気に入ったものを……」的な事が書けなかったがようやく改善できそうである。

では何故、今まで作らなかったのかというと……。

簡単なあらすじ紹介なら、出版社やアマゾンとかにリンク張ればそれでいいと思うし。キャラクターや設定の話をしだしたら、作者のサイトでなされているものに敵う訳が無い。どちらも既にあるわけでそれじゃあつまらない。

そうして、この川全に相応しい作品紹介を長らく模索していたわけだが。
参考にしようと、色々な書評・紹介サイト等を巡って、いくつかの方針を定めた、それは以下の通りである。

形式
・未読者だけでなく、既読者も楽しめる様に。
・表形式ではなく、読み物として楽しめる様に。
・かといって、サイトのウリであるデータの豊富さも損なわないように。
・前からやりたかった、本分・注釈形式を使う。
(初めて知った方へ、でもそうだったがどうも自分の文章は、情報過多になりがちで必然()が多くなるのでいっそ隔離してしまおうということで)


中身は構想中だった「都市史」コンテンツと融合させることにした。
・ネタバレ無しの作品紹介
・ネタバレ有りの考察・分析
・小ネタ
・当時のファンの様子
・今の視点から見た意見


そうして、現在の内容となった。
結果的に公式やお店のものとは違った性質の作品紹介が出来たと思う。
ついでに上記で漏れている点についても語ってみる。



当時のファンの様子、とあるが実は私がこれを書けるのは新伯林以降となる。
詳しく語るには、川上作品サイトの系譜を知らねばならない。

ネットで川上作品のファンが、第一の盛り上がりを見せるのは川上氏が公式サイトを開く前後の事である。香港チャットの参加メンバー、公式の議論等に登場する方々のサイトがそれにあたり、つまり第一世代(誤詞殲滅課リンクにあるサイト等がその一部)というわけだ。

その時の特徴としては、ネット上に残る痕跡を見るに、まだ世界が狭かったが故の良さが多く感じられる。川上氏のサイトの掲示板では、作品に対する質問が許可されていたし。議論のページも稼働していた。

現在、それらのサイトの多くはほとんど閉鎖・更新停止している。
既に祭りは終わっているのだ……。当時の熱狂を体験し、その情報を提供できないのは非常に残念だと思う。そう、2ちゃんねるでスレが立つ以前の川上ファンのネット上の空気を私は知らない。

現在は私もサイトを持っているし、「終わりのクロニクル」の人気でファンが開拓され、新たなサイトも多く生まれてきている。2ちゃんねるの空気も都市時代とは比較にならない勢いである。
とりあえず、私が知る範囲内ではあるが、新たな波を感じつつ、今後も情報を提供し続けていければよいと考えている。



パンツのドラマCD、アマゾソに出品されてた……。8000円か。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

>第一世代


香港チャット、何もかも皆懐かしい……って感じですね。既に。
私の駄コメントがいろんな人に永久保存されてると思うと……ああ! ああ!(落ち着け

一種の過渡期にあった時代の産物でしょうね、ありゃ。
私は非常に幸運でした。

  • 2005/12/21(水) 16:47:19 |
  • URL |
  • maryuw #fyQMLSA2
  • [編集]

おお!!

カタカナでないので気付いてませんでした(駄
あの非ROMメンバー十数人の一人が、現役戦士としてここにおられたとは!
いや、コメント有り難いです、ホントに。また気が向いたら、当時のネタでも
こぼしてくださると嬉しいです。

それにしても、あれは正しく"伝説"と呼ぶのが相応しいようなものですね。
作者とのリアルタイムチャット。それも作品についての質問全面解禁。
ムック本一冊作れそうな位、今に至っても価値のある情報が、あの数時間に
作者本人から直接放出されたわけで。本当にあの当時のファンの空気と、
ネット周辺環境だから出来たことでしょうね。今だと考えられませんもの。

数年前、初めて私が公式ページを見たときには既に、チャット何も終わったあとでした。
近くに出来たネットカフェに通い、貪る様に情報や設定をメモしまくったのは
懐かしい思い出ですw

過去の書き込みに関しては、私も同様ですw 当時はパソコンの技術も、
ネット文化理解も未熟でしたから。直視に耐えませぬ(死

  • 2005/12/22(木) 01:31:22 |
  • URL |
  • 叡昭 #8Z5KALLQ
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/26-299e6de0
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。