snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
衣食住、昔から今まで人間の営みの基本中の基本。
現代日本ではその衣食住が(ある程度の)末端まで非常に
高いレベルで整備されている。
ホームレス中学生ならともかく、中流家庭の生活を送っていると、
好みや偏りはあるにしろ、普通にイイ物、に囲まれている筈。

服飾においてはユニクロや無印。
食べ物なら吉野家やマクドナルド、カップメンにコンビニ弁当。
家具ならニトリやIKEAだって、嫌々買うってな事はない。
ベスト10に入ってる音楽を聴いて、中身がカラオケや学生バンド
以下の演奏ってのもないですし(ケータイ小説はあのクオリティでも
売れてるけどw

この状態はつまり過不足が少ないということなので、
コダワリってのが生まれにくい状況というのはわかると思う。
こだわらなくても一定以上の着心地や味や使い勝手に
手の届くわけだから。必要以上の興味を抱く必然性が無い。

では趣味が生まれるときとはどんな瞬間か?
凄くクオリティの高いものに触れる。あるいは逆に低い物に
触れた時だろう。今までのモノに不満を覚えるor今までのモノの
有難さがわかる、みたいな感じで。
これが「違いがわかる」「判断のものさしが出来る」って奴だ。

具体的に言うと、甘口と辛口(といわれている)のお酒を
飲み比べてみる。高級な生地を触ってみる。パターン(型紙)に
定評のあるブランドの服を試着してみる。履き心地のいい靴を
履いてみる。
ギターやキーボードの猛烈な速弾き音源を聴いてみる、
ヤシガニと劇場大作アニメを見比べてみる、
等等、今までの自分の価値判断が揺さぶられる事でしょう。

これで何も感じなければ"向いてない"って奴で。
まあその時は別の趣味を見つければいいわけです。
感じた差に面白みを覚えられない場合も同じく。

注意しないといけないのは、本当は良いものなんだけど初心者には
それがわからない物が存在することかな。「高い金出してこれかよ」
みたいなのは最悪なケース。

しかし趣味が高じると大抵、満足出来る範囲が極小になって
しまうわけで。無邪気に何でも楽しめていた頃と、どちらが
幸せなのか、それはわからないw
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/220-263ac93a
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。