snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
対戦が決まったときから上のタイトルを考えて準備してたら、
予想外の熱戦となってしまった件。

何せこれまで、
ロディック調子いいな覚醒か!?→フェデラーにギッタギタ
という流れを何度も見てきただけに。「今回は違う!」って
いうのがフラグにしか見えなかったw
実際これまでの対戦成績は18-2(芝3-0)という圧倒的な数字。
ところがところが……。

なんと昨年を上回る史上最多ゲーム数の激戦に。
77ゲーム4時間18分ファイナルセット16-14てw
ボルグvsマッケンローの 18-16 はタイブレークだったけど、
今回はゲーム数である。ちょっと信じ難い展開だった。

本当に毎年毎年、凄い試合になるなあウィンブルドン。
全仏は去年も今年も一方的な試合になったが、全英は見事に
一進一退。wowowがちょっと可哀想になるw

しかしそれでもやっぱり勝ったのは……、

フェデラーが6度目V 四大大会最多の15勝目
奪冠完了

とはいえこんな長引いたのはフェデラーの調子の悪さも
一因だろう。昨年の決勝と比べるとのは酷だが、一昨年や
今年の準決勝までと比べても、ショットの精度、威力共に
フェデラーらしからぬものがあった気がした。
ロディックのショットの威力を考慮しても、すっぽ抜けた様な
緩いロブを打ち上げていたのはかなり不可解だった。
それでも勝つのがフェデラーの恐ろしさではある。

昨年人外マッチで見せたのと同じような気迫を
感じたのは第二セット、タイブレーク2-6からの逆転
今大会屈指のアンビリーバボーなシーンだった。

第五セットでは驚嘆のスタミナと精神力で我慢比べを制した。
しかし最後のゲームがフェデラー側の唯一のブレイクゲーム
だったというのが、苦戦を物語っている。


そしてロディック。
試合の空気から戻ってこられないアンディ

素晴らしかった。強烈なサーブに、それを補う積極的な
ネットプレー。ストロークでも精確かつ粘り強い、以前の
淡白さが嘘の様。第二第三と連取されても取り乱さず、
冷静に取り返した。

ランク一位を取った選手が20を半ばすぎてからでも、
これだけ成長出来るというのは、後天的な努力の余地の
大きさを感じずにはいられない。フェデラーにしても
そうだが才能の一言で片付けられるのは余りにアレだ。

エースの数ではフェデラーに劣っていたが、リターンが
不可だった分、つまりサービスポイント全体なら上回って
いた筈。序盤押され気味だったストローク勝負も、中盤から
終盤の頭には五分五分以上に持っていけていた。

第五セットはジリジリと押されて力尽きたが、こればっかりは。
こんな試合は誰も想定できないw 七年連続で決勝の舞台に立ち、
かつ昨年フルセット戦い抜いた相手との経験値の差は如何とも
しがたかったか。



いやはや。これにてフェデラーはGS通算15勝達成。
サンプラスの不滅とも言われた記録を遂に塗り替えてしまった
(セレモニーでのロディック「ピート(サンプラス)ごめんよ、
頑張ったけど
」はいいジョークだった)。
そうそう、サンプラスが客席に来たのも驚きだった。
歴代王者が見守る中での名勝負、本当になんて贅沢な
時間空間なんだろうと、しみじみ思った。
しかし昨年のボルグは目の前で記録が破られる事は
なかったけども、サンプラスはそうはいかなかったねw

ついでと言うとあれだが、以前にナイキのCM(Youtube


の時点では上にいたタイガーのメジャー記録をも今回で追い抜いたw

今後どれくらい記録は伸びるのだろうか。それに関してはナダルの
復活。ジョコ、マレーの更なる成長。ロディックも今年で燃え尽きず
来年以降も上位定着が出来るだろうか、等などがポイントだろう。
フェデラー自身の調子とあわせて注目は尽きない。

来年以降もまたこの場所で名勝負が行われる事を願って。
というわけで、それではまた。



>俺にはわかるが明らかに衰えてるなフェデラー。

2008全米:優勝
2009全豪:準優勝
2009全仏:優勝
2009全英:優勝




              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \                     
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \    
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ.   
  |               |      |      |              |.
  |               \__/\__/               |                 
  |                |       |               |
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/217-1a7702d5
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。