snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Mrs.God まず始めに。

今回のレビューでは、シングルからアルバムの展望を語る様な真似は
しませんのでご安心を。いくらアルバム収録曲の内、二曲を聴くことが
出来るとはいえ、あくまでシングルはシングル。過去の例(※)を
思い出せば明白ですので。

 

そして本題。

 

評価の意味に関しては初回レビュー冒頭を参照してください。)

 

Mrs.God

 

ジャーマンメタルの創始者、Helloweenの新作がついに発売された。
いやー、普通シングルといえば、即効性の強いものが多いのだけれど
(二曲目はそんな感じだが)、いきなりこんなスルメ曲を持ってくるとは!

 

一曲目の「Mrs.God」はアンディ謹製の一品。
多分、大多数の人は一回聴いたら大体ソラで歌えるんじゃなかろうか
それくらい単純で、キャッチーな曲。短いから、一回目は「アレ?」と
印象や余韻を考える間もなく終わってしまう。しかし、イントロの妙なフレーズが
頭で繰り返されたが最後、気付くと何十回と繰り返し聞いている。そんな曲。
これがアンディの現代風キーパーの解釈かぁ、とか思う間もなくエンドレスリピート∞
諸所に面白いネタが隠れているというか、聴かせるギミックが潜んでいる。
「ああ、そういうことね」という。流石、アンディ。

 

二曲目の「My Life For One More Day」は、
作曲マーカス、作詞アンディのお約束的な疾走曲
前作ですっかりコンポーザーとして定着した感のあるマーカス。
この曲も前作の「HELL WAS MADE IN HEAVEN」をややドラマティックに
したような曲。マーカスらしい大仰でカッチョイイイントロを備えている。
chorusは恐らくアンディのアイデアじゃないかなあ。と思うくらいの哀愁ぶり。
ツインリードもいいぜ。
サビの締めがちと練りこみ不足かと感じるけど、
充分イイ曲。

 

三曲目の「Run(The Name Of Your Enemy)」は、
作曲サシャ、作詞アンディ&サシャという曲。サシャの感性が
ハロウィンに新たな側面を与えているのがよくわかる。というか、
どこかメタルっぽくないいい意味での「緩さ」を
曲の随所に感じる。chorusはサシャが所属していた
FreedomCallの3rdアルバムの中の「Flying High」とちと似てる。

 

という感じで、評価はOK.ということで一つ。

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
Mrs. God
2:57
満足

時間が短いのも原因か
とにかく止まらない。
気付くと延々聴いている

スルメ

2.
My Life For One More Day
5:27
イイ! ↑とは違ってこれは
わかりやすい。
Helloween 風疾走。
安心印の曲。
即効
3.
Run
(The Name Of Your Enemy)
4:11

普通

まあ、シングルB面曲、
という感じで普通。
普通

 

 

※具体的に言うならば、
●「BETTER THAN RAW」の時のシングル「I CAN」。
ああ、ハロウィンもポップロック路線に……、
と心配していたら、アルバムは歴代で最もヘヴィな作品に。

●「THE DARK RIDE」の時のシングルが「MR.TORTURE」。
即効性の強い疾走曲。シンプルな構成だが、従来のHelloweenらしさと、
モダンさ、ヘヴィさといった要素が上手く融合している。
結果、非常に強い支持を獲得。進化を遂げたハロウィンに期待が集まるが。
実験の成功例はアルバムではほとんどこの曲だけだった……。

●「RABBIT DON'T COME EASY」の時のシングルが「JUST A LITTLE SIGN」。
前作とは打って変わったバカ明るい疾走曲。
ハロウィンが戻ってきた!、と期待に胸を躍らせるも、
ヴァイキーに元気がなく、パンチに欠ける作品に。
(「The Tune」は個人的にハロウィンで一番好きな曲ですがね……。)

 

(アルバムの出来云々が問題ではなく、この相関関係から
シングルをもってアルバムを語るには無理があるよね、ということ。
念の為)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ashou.blog11.fc2.com/tb.php/18-36b34471
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。