snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
● 境界線上のホライゾンⅠ下

・ 作者 : 川上稔
・ イラスト : さとやす(TENKY)
・ 出版社 :アスキーメディアワークス
・ 発売日 : 2008年10月10日
・ メディア : 文庫


待ちに待った下巻。いや全く。期待通りの面白さだった。上巻という土台にて
世界観。キャラクター。勢力図などなどが把握済みになったお陰もあって。
川上作品の読み方を思い出し、既に物語が動き出している下巻は、
あんな分量だったのだが一気に読みきってしまった

しかしP506からの口絵は、見惚れつつも、思わず笑ってしまった人は多いと思う。
アバンタイトルが約1000ページて
現時点では本編より長いというw 物凄い構成だ……。



さて上巻で注目であった、葵・トーリの山場での動かし方だが……。
馬鹿に見えて実は切れ者、という感じではなさそうかな。正純との討論時の
戦術はそれっぽい感じもあるけど。誰の発案なのか。本人だとして単なる思い付き
なのかどうか、とか色々わからない部分はあるものの。教皇とのやり取りを見るに
やっぱ無能は無能なんだろうw
(馬鹿っぷりも全て計算済み、超腹黒のキャラって可能性は考えたくないなあ)

ただ周りの人材を動かす華はあるらしい。
そして普通なら「カリスマ性」という言葉で片付けられるその能力を、
ギミックで目に見える能力にしてしまった、というのが今回の
驚きのポイントだった。凄い発想だと思う。

世界の歴史上、カリスマ性があったと言われる王者は沢山いる。彼らが
兵を率いると戦術だとか、金払いのよさに拠らずとも何故か勝つ、強い。
その何故か、に説得力を持たせたのが、葵・トーリのおおよそ無尽蔵な
流体供給の能力というわけ。

本人としては不可能。しかし周りを最強にさせるという。で、ホライゾンと一緒に
大罪兵器の超過駆動を使用するというのがあるので、最後のキメもバッチシ


と、素晴しい活躍ではあったけど、同時に少々ギャグがしつこい、と感じないでも
なかったり。上記の教皇とのシーンもそうだし、ホライゾンの説得シーンも。
その前のシーンでイケイケの流れがついてるので、それが停滞するような感じ
するというか。もうちょい脱線は控え目で行って欲しい気もする。
それがトーリの個性といえばそうなんだが。ギャグシーンでのはっちゃけは別に
問題ない。

今回も小ネタは絶好調。「よし、じゃ、ちょっとカラカラ行ってくるか」
はシュールかつ秀逸過ぎるwwww 


・そしてラスト。
信長勢力の登場は痺れるものがあった。何という格好いい登場の仕方。
毎回最終話の様な物語、っていう後書の言葉どおり。アニメ第一期の最終回、
大団円の最中、新たな敵の存在を仄めかす系のEDっていうところだろうか。

しかしキャラ数が尋常じゃないな。分かってたことだけど。六天魔でその羽柴の下に
十本刀。信長の野望の諸王の戦いシナリオを、オリジナルのキャラ設定で
やってる感じか。


・キャラクター感想
・ペルソナ君
全身絵を見て更に惚れる。たまんねえ。斜めがけの鎖がシンプルで超カッコイイ。
オウガバトルシリーズのゴーレムにも似てるねそういえば。


・ステレオ本多
どっちも活躍して大満足。二代が宗茂に勝ってしまったのは意外だったけど。
一勝一敗で次回持ち越し。八大竜王流石! っていう展開を考えてただけに。
マジパートであんまりヘタレてるとさんに愛想つかされるぞ。

正純は引き続きやはり主人公並の頑張り。例のシーンを抜きにしても、
周りの連中に振り回される様がとても素晴しい。
二代も色々世間知らずさ、天然さがネタになっていきそうだし、
今後が楽しみである。

しかし、正信連中の正体は想像の斜め上だったw


・アデーレ
上巻ではほとんど印象に残らなかったが、下巻では思わぬ活躍。
終わクロのヴァイオレット的な進化をした。万年従士の機動殻が、
王様の過去との関係と絡んでいく辺りは流石という感じ。
とはいえ、上下併せても挿画が集合絵だけと女性キャラの中では
現状は結構不遇かな。


・アサマチ
オパーイがやばい(二十一章のさんのとで一巻の双璧かな)。
正にメロンが二つくっ付いてるようだ。武器が弓なのに大変そうw
外見や性格なんかから、作品が違ったら毎朝主人公を起こしに来てそう
雰囲気がある。王道ヒロインっぽいというか。


・シロジロ
会計ながら、トーリも正純もいない中で中々のまとめ役っぷりを発揮、
これはまあ予想の範囲。しかし武神と殴り合いをするとは思わなかった。
神奏術の特徴を一発で理解させるインパクトのあるシーンだったなあ。
しかしその後は空気気味。


・教皇インノケンティウス、他敵方
一応、今作での主人公との対立勢力筆頭? 川上作品のお約束の一つである
過去と現代の多重構造は今作でも顕在。
彼は「過去の祭り」の当事者であり敗北者。そして現世代に対しては、
最強クラスの敵として立ちはだかったわけだが……。

ガリレオ共々ちょーっと驚異・脅威度が物足りなかったかな。ちとガッカリ。
それでも、登場シーンで散々最強煽りが入りながら、忠勝はまだしも
二代にまで負けた西国無双(笑)の立花・宗茂よりはマシだが

正純の異性装に粘着する辺りは、流石はカトリックの象徴だと思ったりw


さて、2巻は来年になりそうですが。日々時間の流れの早さに鬱になるけど、
川上作品の次作は早く読みたい。ああジレンマ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
● 境界線上のホライゾンⅠ上

・ 作者 : 川上稔
・ イラスト : さとやす(TENKY)
・ 出版社 :アスキーメディアワークス
・ 発売日 : 2008年9月10日
・ メディア : 文庫


いやー重い重い重い。
とはいえ鬱な話という意味ではなくて、ひたすら内容の密度が濃いってことで。
物理的に重いというのも正解かw 電マガで設定を先行公開したのも納得の大容量。

まず登場人物がいきなりやたら多い。終わクロの最終メンバー数以上の面子が
序章からワラワラ出て来る。最初はとにかく、顔と名前が一致するまで、
文章と挿画、人物紹介と文章を行ったり来たり。

加えて世界観・勢力図も、終わクロの全G が一気に出てきた様なボリューム。
そしていつも通りに造語が多い。遂に巻頭に用語辞典が搭載されますた。

終わクロの場合。序章はともかくとして、本筋は主人公が行動し、
戦闘に巻き込まれ……、直後にその異常事態の解説
と、かなり入り込みやすい流れだった。
一方、今作は主人公が中々出てこない。OPのアクションシーンも模擬戦であり、
キャラクター紹介を兼ねている為、没入・加速度に欠ける。

その後もトーリが話をグイグイ引っ張るという雰囲気ではなく。結局、いつもの勢いを
感じ始めたのは舞台が三河に移ってから。久々の新作と言うこともあって、私側が
読み方を忘れてたというのもあるかもしれない。とはいっても、終盤の展開は
やっぱり体の温度が上がる位の熱さがあり、ページは次々とめくられた。


以上、気になった要素を抜き出すとやや否定的になってるけど、
読後の感想は全く逆
面白すぎて500ページでも足りないー。下巻はまだかー。というのが正直な思い。
しかも再読ではキャラクターが把握出来てるから、面白いのなんのって。

口絵、序章前、章間の解説も、膨大な設定を適確に紹介していたと思う。
ふと疑問に思ったところを、即座に埋めてくれる様は絶妙だった。

小ネタも相変わらずセンスがいい。「ブルータス、またお前か」はかなりのヒット。

いやもう川上氏最高杉
趣味への情熱って燃えている時には信じられない程に、
あっさりと冷めて行くものだけど、杞憂も杞憂だったデスネ。

いつもの良さの一方で、公主隠しの場面に感じるホラーな感じは、
今までの川上作品には無いテイスト。ちょっと真剣に怖かった。
サイレントヒル1の血文字が頭に浮かんだなー。

その他に雰囲気としては、時代繋がりでは戦国封神伝、信仰のシステム等でOOを
連想した。世界観の設定はシヴィライゼーションとかのRTS系。川上氏脳内での
思考のトレンド・流れを感じたり。


・キャラクター
上巻では主人公以上に目立っていた、他の魅力的な主要キャラクター達。
どのキャラクターも相変わらず存在感が抜群。さとやす氏の絵のクオリティも、
さらにさらに増していると思った。
キャラが多い分だけ、人気は当然かなり分散しているようではあるけど。
それでも各所の感想を見るに現時点では、ミトツダイラが一番っぽいのかな。

私のオキニはというと正純とペルソナ君。後者は今のところ外見だけだけどw
何といってもマスクマッチョは、アメコミ好きにはたまらんものがあるのですよ。

正純はほとんど主人公みたいな位置だったね。単独で動いて、悩みまくって。
実は不幸というか苦労人っぽいところがいい。加えて男装の麗人も好きだし。

他には二代の御座る口調が可愛かったなあ。恐らく現在空位の武蔵副長には、
彼女が納まるんだろう。イトケン、ネンジ、ハッサン、御広敷とかの
存在の謎っぷりもいい。なんなんだ奴らはw でも、ああいうノリ非常にツボだ。

既に元ネタとの相関など考察されてますが、どれも捻られてて楽しいね。
確定済みっぽいのがある一方で、まだまだ判明してないのも結構あったり。
トーリの名前も青い鳥とか、葵トリ → 葵tri → 三つ葉葵。とか色々浮かんで来るし、
考えるのが面白い。


今後の展開に関しては、
全能(パーフェクト)だった佐山に対して、不可能(インポッシブル)のトーリ
前作とは正反対の個性を、果たして川上氏はどう料理してくれるのか。上巻では
全くといっていい程に活躍が無かっただけに、wktkが止まらない。
でも実際どうなるんだろ。
本物の馬鹿なのか、実は凄い系なのか。それともどちらでも無い個性なのか。


まあとにかく一刻も早く下巻が読みたい。というのが何よりの心境。
この一ヶ月は長いぜ。 このページのトップへ
先に書いておく。
少し前、カルドセプトサーガなるブツがネット界の話題を悪い意味で攫った。
しかし、DS版を含むシリーズ6作中アレだけは開発元が別であることを留意されたい。
FFUSAとFF5くらい別物である。



さて本題。
カルドセプトとはモノポリー+MTGなゲームである。
(いたスト+遊戯王でも、ロックボード+ポケモンカードでもいいがw)
まあ簡単に述べると、そういう感じだ。

Culdcept DS
モノポリー」はダイスを振って止まったマス(土地)を購入
後からそのマスに止まった人から通行料を奪ったり、交渉で土地を売買して
お金を稼ぎ、最終的に独り勝ちを狙うゲームだ。

カルドセプトの場合は、止まったマスにクリーチャーを召喚することで
そのマスを所有する。通行料を払いたくなければ交渉ではなく、クリーチャー同士を
戦わせて土地を取り合う。周回するとお金が貰えるのは同様だ。

game_midashi_04.gif

また桃太郎電鉄の様にダイスを振る前にカードを使用して、自他のダイス目を
操作
したり相手のお金を奪ったり、行動を妨害したりも出来る。
そして総資産がステージごとの目標額に到達すれば勝利となる。

ゲームにはそれぞれの作品に於けるバランスというものがある。
名作といわれるゲームを混ぜたからといって、必ず面白い作品になるとは限らない。
好きだからって、牛丼にカルピスを投入してもそこには惨状が待っているだけだ。
しかしこの作品の場合は、1+1を10にも100にもすることに見事に成功している。


そしてこのDS版の何が特筆すべき点なのかというと、Wifiによる通信対戦
出来るということだ。


かつてDCで発売された「カルドセプト2nd」は、ゲームとサービスの評価は
極めて良好であったが、当時のインターネット事情が障害となり、
その恩恵を受けられた人は限られていた。

そしてカルドセプトファン(セプターと呼ばれる)が心の底から期待していた
「カルドセプトサーガ」がどうなったのかは最早御存知の通り。
ソフトの回収騒ぎ、現在もバグ放置という最悪の結果になってしまった。

今回のDSは初代のリメイクなので下手をすれば、小銭稼ぎと陰口を叩かれそうだが、
そうならないのは通信対戦実装の賜物なのである。
ファンからすれば正に、待ちに待った作品というわけだ。

手順は恐ろしいほど簡単。無線LANルーターがあれば追加投資不要で、
今すぐにでも対戦が可能。有線環境でも4千円もあれば整う。
私も既にやってみたが、ネット対戦とは思えないサクサク振り
オフラインでCPUと戦っているのと変わらない快適さだ。
(↓は私の上げたものではないです。念のため)



とはえいまだまだカードが揃ってないので、本当の楽しみはこれから。
マイナーゲームだけあって、ベテランセプターの人でも対人経験豊富な人は一握り
今から初めても充分追いつけると思う。公式の全国大会も予定されているし、
これまでカードゲーム、ボードゲームに嵌った人は、この機会に是非
一度プレイしてみては如何だろう。
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

09月 « 2008年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。