snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
メロディック・メタルファンの間で「Insania」という名は"=パクリバンド"という
連想を起こす。嫌な意味で有名なバンドであるw

自らを「HELLOWEEN's Child」と名乗る彼ら。まあそれは結構だし、
名乗りはしなくてもそれに近いバンドはそれこそ星の数だ。そんな中で、
彼らが暗黒面に一歩抜け出すきっかけとなったのはセカンドアルバムでの
暴挙による。

そこで繰り広げられていたのは、フォロワー的サウンドはおろか拝借をも越え、
訴訟レベルのパクリ。この界隈は多少のパクリは、パクリッシュ・メタル等とも
呼ばれ、微笑ましく許容される世界である。そこですら騒がれたということが、
彼らの偉業(笑)をさらに際立たせている。

相手が小林亜星やコナミだったら大変なことになっていただろう。

で。何故突然Insaniaの話など始めたのかというとだ。
5月4日のキャプテンロックにて「Holy Knight※」の楽曲が流れたのが
きっかけである。深夜(この時期だと早朝か?)ながら、そのシンフォニックな
美しいサウンドに思わず感動。

そして今日、そういえば昨年のオフ会で雷ⅩさんからもらったCD-R※に
入ってたな……と思い引っ張り出してみた。

かかった曲は7~10曲目で、CDに入っていたのは1~5曲目までだったため、
残念ながら目当ての曲はみつからず(´・ω・`)
でその時、ふと「Insania 3rd」のフォルダが目に付き、取り合えず一曲
流してみた。

<再現テキスト>
音源ファイルをダブルクリック

イントロ
↓(2秒)
オッシャアアアアアアアアアアアアアア!!
</再現テキスト>

ぐおお、これは久々のイントロから即死の曲だ(調べたところ曲名は「Illusions」)。
ジャーマン+陽メロ+疾走と来たらもう、もうツボ以外の何ものでもない。
とはいえ、HighlandGloryに於ける「From The Cradle To The Brave」のように
突然変異的名曲の可能性もあるので、改めてレビューサイトを漁って見たら、
パクリ2ndとは打って変わり、3rdは意外とどことも高評価。


全く、アンディHELLOWEENの時と同じ失敗をしてしまってたわけだ。
げに恐ろしきは先入観なり。今度、買ってこようっと。

insania 3rd「Fantasy」



※1
イタリアのシンフォニック・メタルバンド。
デビュー時はポスト・Rhapsodyとして大いに注目されたのだが、その後、
音信不通となっている。

※2
クサメタル系の有象無象・有名無名なバンドの曲が大量に詰め込まれているもの。
ipod購入によって不要になったので譲ってもらったのだ。
時代を感じさせるというか、当然タグ打ちはなされておらず。トラック番号と
アーティスト名しか書かれていない為、なかなかしっかり聴くことが出来ず、
それ故、今回の様な発掘がなされた次第であろう。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

04月 « 2006年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。