snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ライブドアblogのHalloweenテンプレートが使いてぇぇーー。Halloween1
Halloween2
スポンサーサイト
このページのトップへ
レビューの前に。新譜発売まで10日をきり。ラジオでも続々オンエアされ、
過半数が既に耳に入りました。そんな、期待で胸が張り裂けんばかりの日々、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は先ほど全曲試聴にて、「さて、まだ聴いてない曲を試聴してみるか」と
手始めに「BORN ON JUDGMENT DAY」を聴き即効でドツボに入り、
感動のあまりガッツポーズ! → 仰け反り過ぎて椅子ごと転倒
、しかけました。

 

その時点で他の未聴分を聴くのが怖くなったので、発売まで保留ですw
てか、マジで今回、神盤確定の予感が……(今回ばかりは、限定主義や
原理主義では損だよ、きっと。

 


評価の意味に関しては 初回レビュー冒頭を参照してください。)
BetterThanRaw.jpg

 

で、本題。
本作「Better Than Raw」は、ジャケットだけで判断するなら……。
アベレージの高いベテランバンドが出した唯一の駄盤、的な雰囲気だが、
中身は全くそんなことはなく。前作である名盤「The Time of The Oath」からの、更なる進化を期して、という意図が感じられる良盤である。
(ところでこのジャケの魔女、朝河蘭に似ているという指摘があるが、
本当に似ていると思うw)

 

まずは、(前作で無いのが不思議だった)クラシカルなイントロから始まる。
そして立て続けに、衝撃作「PUSH」が鳴り出し、Helloweenっぽさと全く違った
サウンドにがっちり胸をつかまれる。と思えば、3曲目はヴァイキーによる
完全なるHelloween曲。4曲目もアンディらしさが満開の曲、と驚きと安心が
一気に襲い掛かってくる。主要ソングライターそれぞれの持ち味が、
充分に発揮されている

 

その後は中盤において、「Revelation」「I Can」。後ろは「Lavdate Dominvm」
「Midnight Sun」が固めるという充実の布陣。ただそれらの間の曲が、
前作に比べると、やや退屈な曲が多いのは残念な所だ。

 

前作の路線を踏襲する曲と。そして、新たな進化を模索する曲とが混じり合い、
将来の可能性を感じさせる一枚、という評価の反面。統一感という点で見るなら、
あまり良いところは見出せない。そこは今作では別の方を向いていた、
と捉えるべきだろう。次作での飛躍を期して(今言うと寒いが)の一枚なのだ。

 

買って損、などとは到底言えない。OK。

 

なおこのアルバムから、ヴァイキーの提供曲が一アルバムあたり3曲となり、
バンドの低迷傾向をやや助長してしまうことに繋がった。投入される曲の
クオリティは高いのだが。やはり最もHelloweenらしい曲を書くヴァイキーに
元気がないと、ファンも心底喜べないということだろう。

 

曲名をクリックするとHM/HRこの曲を聴け! のそれぞれの曲のページに飛ぶようになっている。
聴き所を知るには非常に便利であるので、是非、活用されたし。

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
Deliberately Limited
Preliminary Prelude
Period In Z

1:45
悶絶

すわ、スターウォーズか !?
と思うほど、壮大なクラシカル曲。
スペースオペラ風。

即効

2.
Push
4:47
満足 Helloween版Painkiller、という
よりは、HelloweenがPainkiller
を演奏してるという感じ。
らしくはないが、インパクトは抜群
即効
3.
Falling Higher
4:48

イイ!

典型的Helloweenナンバー。
intro→verse→bridge→chorus
と曲が進むにつれて、
盛り下がって行くのがどうもw
即効
4.
Hey Lord!
4:25
満足 アンディ節炸裂!
素晴しい哀愁とキャッチーさを
持つHR。ライブ版もいい感じ。
普通
5.
Don't Spit On My Mind
4:07
普通 ズギギギ、ガガガ、と物騒な
ギターが耳をつく。
悪くはないんだけど。
普通
6.
Revelation
8:23
満足 グラポウがDarkRideなら
ウリはこの曲。ドラマーらしい
独特のリフが耳を惹く。

 

あまりに独特過ぎて上手く
引けなかったヴァイキーが、ウリに
コツを尋ねた所、怒鳴られて
解雇の遠因となったというw
曰く付きの曲。

 

曲自体は展開の妙もあり、
長さを感じさせない素晴しさ。

即効
7.
Time
5:45
イイ! アンディの粘っこい歌唱が
栄える佳曲。かなーり鬱。
スルメ
8.
I Can
4:39
イイ! メタルを聴かない人が気に入り
そうなハイセンス(オサレ)HR曲。
前向きな歌詞と曲調がピッタリ
普通
9.
A Handful Of Pain
4:49
普通 5.、11.と、こんな感じの曲が
多いこの盤。bridgeの感じの
ままで、chorusに行って
欲しかったな。
普通
10.
Lavdate Dominvm
5:12
ネ申
降臨
別にタイトルとかけてる訳では
なく、普通に好きだからこう。
兎のThe Tuneと双璧のオキニ。

 

ゴスペルとメタルを融合させ、
ラテン語で歌うという正に、
ヴァイキーらしい発想の曲。

 

アンディもverseでは邪悪な
デスっぽい歌唱。
bridgeではクリーントーン。
chorusでは少年合唱団と
合わせて歌のお兄さんばりに
優しく。
と器用に歌い分けている。

 

一つの物語を描く様な、長い
ギターソロもまた素晴しい。

即効
11.
Back On The Ground
4:38

イイ!

ザクザクと刻むリフが印象的。
なかなか格好いい。
悲しいかな印象が薄いのは
やはりボートラというところか。
普通
12.
Midnight Sun Michael
6:20
満足 構築美溢れるヴァイキー入魂の
一曲。テクニカルな速弾きとは
また違ったギターワークを
楽しめる。歌メロはやや凡庸。
歌詞はえらくカッコイイ。
スルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ
評価の意味に関しては初回レビュー冒頭を参照してください。)
toto.jpg

 

現状(守護神伝─新章─を控えている微妙な時期だが)、アンディ加入後の
Helloweenに於ける最高傑作。
ヘヴィメタル史に残る名盤といわれる守護神伝に
比肩しうる一作。それが「The Time of The Oath」アルバム。
ここに及んでカイ・ハンセンを失った事による痛手は、完全に癒えたと確信
された。このアルバムにはかつてとは違うが、それでいて変わらず魅力的な、
"キャッチーかつヘヴィなHelloweenメタル"がギッシリと収められている。
その魅力はセールスにも現れ、ここ日本では20万を超える大ヒットを記録した。

 

歴史的な逸品であり、買え!ということで一つ。

 

さて、この名作の誕生がアンディ・デリスという男の才能に、大きく拠るもの
であることは大方間違ってはいないと思う。当時のメタルシーンは、
「Keeper Of The Seven Keys I & II」の衝撃により、Helloweenフォロワーの
バンドが溢れかえり、シーン全体に飽和感と閉塞感が生まれて久しかった。
そんな中に非Helloween型ジャーマンメタルとして、新風を吹き込むのを期待
されていたのが、アンディの出自である「PinkCream69」というバンドであった。

 

そのアンディが、(言い方はよくないが)旧態の象徴ともいえるHelloweenに
移籍したのは、運命の悪戯というか、なかなかに面白い出来事だといえる。

 

当然、彼に期待されたのは、「PinkCream69」時代の延長──哀愁を湛えたHR
ハイセンスなバラードだろう。どちらもかつてのHelloweenにはなかったもので、
実際、前作での彼の仕事はその要求に見事に応えるものだった。
しかし今作の(完全にバンドに馴染んだ)アンディは、そういった当初の期待
遥かに超える活躍ぶりを見せた。本来彼の守備範囲外であるはずの、
正しくHelloween的な疾走曲コミカルで楽しい曲。といった曲を見事に作って
しまったのである。
以下は、アンディの1stソロのマサイトーのライナー文である。

 

前略)ジャーマンメタルのスタイルを確立したHELLOWEENに、唯一対抗出来たと
すればそれは紛れもなくソングライターとしてのアンディ・デリスの才能であった。

 

マサイトーのライナーは時々、中々に信用しがたいものがあるが、
これに関しては完全に正鵠を射ていた、といえる。

 

これからもバンドのリーダーであり、象徴はマイケル・ヴァイカートである
ことに疑いはないが、「TOTO」以後このバンドを動かしているのは紛れも無く
アンディ・デリスである。車で例えると、ヴァイキーが美しいボディだとすれば、
アンディはパワフルなエンジンとでもいおうか。

 

バンドへの貢献という点に於いては、カイとヴァイキーはともかく、
歴代メンバー中随一。あのマイケル・キスクにも勝ると思う。(歌声は相当
独特であり、好みが分かれるのも理解は出来るが、作詞・曲面での貢献は
圧倒的だ。下記参照)

 

指輪  曲4/13 詞6/11

 

TOTO 曲5/14 詞10/14

 

ベタザン  曲4/12 詞8/11

 

ダークライド  曲7/13 詞6/12

 

兎はクレジットに曖昧な所があるので割愛

 

曲名をクリックするとHM/HRこの曲を聴け! のそれぞれの曲のページに飛ぶようになっている。聴き所を知るには非常に便利であるので、是非、活用されたし。

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
We Burn
3:05
イイ!

アルバムの幕開けに
相応しい 爆発的な勢いを
生む、抜群の 疾走曲。

即効

2.
Steel Tormentor
5:42
イイ! JudasPriestをイメージして
書いたという一曲。
正統派っぽいヘヴィさ、
粗々しさと、Helloween的
な キャッチーなスピード感がある。
即効
3.
Wake Up The Mountain
5:04

普通

独特な感じの曲。
どうということも無く、普通。
ソロはなかなかイイ。
普通
4.
Power
3:31
悶絶 一撃必殺の即効性。
これぞ究極のキャッチーメタル!
ライブでは欠かせない一曲
(ライブ版は正に
神!

オーオーオオオーオーオーオー!
オーオーオオオーオーオーオー!

即効
5.
Forever And One
(Neverland)

3:54
悶絶 号泣バラード。
Helloweenでは最上級
だろう。 しかし、アンディは
ソロアルバムや PC69時代にも
このクラスの 曲を
何曲も書いている。
恐るべし……。
普通
6.
Before The War
4:34
満足 ドラマチックに疾走疾走。
テンションが上がりまくる
格好よさ。サビの最後が
勢いが止まる感じなのが
もどかしい。
即効
7.
A Million To One
5:11
イイ! 哀愁のあるバラード風の曲。
しっかりと世界観を感じは
させるが、突き抜けるものが
無い感じ。

ライブで合唱しやすそうな
オーオーパートがあるけど、
ライブでやってなかったしなw

スルメ
8.
Anything My Mama Don't Like
3:47
イイ! アンディ作、ハロウィン伝統の
おちゃらけソング。本当に
器用だなーアンディは。
しっかし、癖の強い歌い方だw
普通
9.
Kings Will Be Kings
5:08
悶絶 頭から尻尾までカッチョイイ。
ヴァイキーの曲の中でも
相当ヘヴィで速い部類に入る。
即効
10.
Mission Motherland
9:02
満足 9分にも及ぶ大曲。
歌詞も曲調もかなり壮大。
単に長いだけではなく、
全編通して色々な展開が 楽しめる。
6分18秒辺りからの
流れは泣ける。
スルメ
11.
If I Knew
5:31
イイ! アンディに負けじ、とこちらは
ヴァイキー作の泣けるバラード。
相手が悪かったが、イイ曲。
かなり演歌っぽい。
普通
12.
The Time Of The Oath
7:18
普通 延々とサビメロで押す、
いつもの グラポウ式の曲。
ギターソロは かなりイイ。
巷の評価が低いのは、
タイトル曲+大曲という事から
Halloween、守護神伝クラスを
期待された為だろう。

今思うと、グラポウのダーク路線
のルーツがここに、という感じ

普通
13.
Still I Don't Know
4:11

満足

マーカス作の明るく、爽快な
一曲。すんごくいいメロディ。
ボーナスにするには勿体な杉
即効
14.
Take It To The Limit
4:04
普通 か、歌詞が(;´Д`)……。
これはヴァイキーの事ですか?
それとも未来の大ティモ…?

曲はイントロがかなり面白い
他は特に。

普通

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

09月 « 2005年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。