FC2ブログ

snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
結構前になるが、こんな話題があった。
『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス

今や服装なんてのは勿論、iTunesのプレイリストでもその人のセンスが
色々言われたりされる時代らしい。iTunesのプレイリストから、というより、
それを氷山の一角とした、そこから透けて見える音楽生活──その人が
どういうジャンルの、どんなミュージシャンの曲を聴くのか、それについて
どの様に語り、伝えているのか──という感じだろう。

上の記事を見るに、よそ行きのプレイリストを作成したりもしているとの事だ。
まあ、これに対する反応としては、「他人の目を気にして音楽なんか
聴いてられない
」「自分の趣味を貫け」「音楽に貴賎はねーよ」といった
類の意見が頭に浮かぶ。実際、この記事がアップされた当時もそんな意見が
大勢あった。

とはいえだ。開き直ったヲタクほど見苦しい者は無い、などと言いたくは
ない。しかし「音楽に貴賎はない」「好きならそれでいい」というのは
真実味はあっても、現実的ではない。
いわゆるヲタク趣味で置き換えて考えてみれば解りやすい。
例えば、アニメにしろ、マンガにしろ、ゲームにしろ、履歴書の趣味欄に
書こうものならどうなるかは、容易に想像できると思う。
クラシック音楽の鑑賞とハードロックを聴くこと(「ムソルグスキーが好きです」、
というのと「NASHVILLE PUSSYがクールだぜ」というのと)、では相手に与える
印象はまるで違う。社会的な一般認識上、身分差というものは確実にあるからだ。
カラオケでドン引かれる様な曲しか歌えない状態で、合コンに行こう
と思う人は少ないだろう。真実ではダサくなくても、現実ではダサいのである。

初めっから上記の様な開き直りが出来る人なんて、実際は物凄く少ないと思う。
いきなり開眼する様なのは逆に問題で、ある種の殻に閉じこもってしまってる
ともいえるかもしれない。「俺は○○が好きだ! けどやっぱ女の子の前で
いうのは恥ずかしい……。」的な葛藤を日々繰り返して、次第に自分の趣味を
客観的に把握したりできるようになり、結果、確固たる価値認識ってのは
形成されて、ぶれないハッピー状態になるんだろうから。

で?
……………………。

うわー、オチが無いですよ。
そもそも、なんでこんな意味不明文を長々と書き連ねたかというと、
ミュージック・バトンなるものについてぼんやり考えている内に、こうなって
しまったのだった。下手したらプレイリスト以上のものを曝け出してるわけで。
もう、その筋の人から見たら、きっと卒倒しそうな情景が、最近のブログ界を
駆け回ってるんだろうなぁ、と。人のことはいえません、ええ。
(その他、色々喧しくバトンが駆け巡ってますが、全部同様)
スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2005年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。