snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Rabbit Don't Come Easy 評価の意味に関しては初回レビュー冒頭を参照してください。)
Rabbit Don't Come Easy

 

前作「The Dark Ride」のモダンでダークな作風を嫌い、その方向性を
推進したローランド・グラポウとウリ・カッシュを解雇。新メンバーを迎え、
原点回帰を謳って発売された10thアルバム。通称"兎"。(ちなみに
スペイン語でRabbitは女性器を意味するらしい

 

新メンバーのギタリスト、サシャ・ゲルストナーは20代前半の若さながら、
以前は「Freedom Call」やトップ40バンド(ランキング上位のヒット曲の
カバーをプレイする営業バンド)に所属していただけあって経験豊富。
腕前もHelloweenの歴代ギタリスト中でも随一である。そして、運のいい事に
彼は優れた作曲センスも持っていた様で、今作で見られる素晴しいリフや
ソロのフレーズは、彼の健闘に拠る所が大きいと思われる。
彼によって、ウリ・カッシュが抜けたことによる作曲面の穴は、ある程度
埋められたと考えてよいだろう。

 

前置きが長くなったが、本題のレビューに移る。

 

●今作の一般的な評価
ヴァイキー御大本人が仰るとおり、「100%Helloweenであり、欠点の無い
アルバム」。明るくキャッチーでメロディアス。疾走していてハイトーンで
ツインギターもある。
しかし、全体的に歴代に比べ耳を惹くフックが少なく、欠点と同時に長所も
無いアルバム。アルバム全体のクオリティは高いのだが突出した曲がない。
特にハロウィンの顔であるヴァイキーの曲が相対的に弱く、結局、全ての
不満の根源はそこに起因している。

 

●私の意見
ゴラァァァァァーーーー!
The Tune とか Nothing to Say とか凄いイイじゃないか!

 

というように、一般の評価と私の受けた印象では大きな違いがある。
愚考するに、
始めの三曲の質が高く、かつ即効タイプであるために。聴き手の意識がそれに
引きずられ。うまく耳の切換が出来ないまま後半に突入。ややスルメが多い
後半の楽曲の魅力を味わい切れない状態で聴いてしまっているのが、イマイチ
評価が上がらない原因ではなかろうか。

 

個人的には「Time of the Oath」には及ばないものの、「Better Than Raw」
には匹敵、凌駕していると思っている。私は「Master of the Rings」が余り好きでは
ないので、つまりアンディ所属以降では二番目と言っていいくらいの出来だと
感じているということになる。それ位にイイ。とにかく、HELLOWEENらしさが 強く強く感じられる。若干、行き過ぎと思うほどに。

 

このアルバムに付きまとうもう一つの問題としてセルフパクリがある。
以下羅列。

 

気になるセルフ拝借フレーズ一覧。
「The Tune」→「Midnight Sun」(ベタザン):ギターソロ
「Never Be A Star」 →「Perfect Gentleman」(指輪):全部w
「Liar」→ 「Push」(ベタザン):chorus
「Sun 4 The World」→ 「The King Of 7 Eyes」(アンディソロ「Come In From The Rain」):verse
「Listen To The Flies」→「King will be Kings」(TOTO):verse

 

確かに妙に多い。とはいえ、パクリッシュメタル、なる言葉があるくらいに
パクりパクられが普通のこのジャンルだからね。曲自体はいいし。そんなに
熱心なファンでなければ、上の表の内半分くらい気付けばいい方だろうし。

 

というわけで、ハロウィンを初めて聴く人なら物凄い勢いで、OK
これより上となると、歴史的なレベルとなる。
既にファンの人で敬遠しているなら即、買え!

 

なお今回は、曲名をクリックするとHM/HRこの曲を聴け!のそれぞれの曲のページに飛ぶようになっている。聴き所を知るには非常に便利であるので、是非、活用されたし。

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
Just A Little Sign
4:26
満足

お帰りなさい的な一曲。
疾走でハイトーンで。
ヴァイキー作曲と思いきや
アンディの曲。流石!

即効

2.
Open Your Life
4:30
満足 キーパー的な雰囲気を強く
漂わせつつも、新しさがある。
ライブでもバッチリはまってたし、 いい曲。
即効
3.
The Tune
5:36

好みで言えばHelloweenの中で
一番好きな曲。絶品の歌メロ。
サシャとヴァイキーの特徴が
見事に絡みあったギターソロ。
正しく全てが素晴しい。
即効
4.
Never Be A Star
4:56
イイ! これは……。
曲はいいんだがね。
初めて聴いた気がしないんだw
普通
5.
Liar
5:12
満足 ブルータリティ溢れる一曲。
PUSHを更にハロウィンっぽく
したような感じ。イントロと大サビ
がある分、劇的でメロディアス
になっている。
スルメ
6.
Sun 4 The World
3:57
普通 エキゾチックなイントロと気怠るく
ダウナーな歌メロ。サシャが持ち込んだ 感性が
よく解る一曲。
普通
7.
Don't Stop Being Crazy
4:21
悶絶 アンディ影の十八番。
聴くと死にたくなるw鬱メロ
バラード。凄まじい哀愁。
実は音は結構激しめだったり。
スルメ
8.
Do You Feel Good
4:23
イイ! 「Sweet」のActionを彷彿と
させる、軽めのロック。
ちと、面白味が薄いかな。
普通
9.
Hell Was Made In Heaven
5:34
悶絶 ベスト曲候補の最右翼。
典型的で完璧なスピードチューン
即効
10.
Back Against The Wall
5:45
待ち これはイマイチ。
重苦しく絶望的で、
メロは悪くないんだけど……。
普通
11.
Listen To The Flies
4:54
イイ! ぐおおおお
歌メロがbridge以外それ程でも
ないが、ソロが滅茶苦茶カッコイイ
サシャは上手いなァ……。
普通
12.
Nothing To Say
8:33
満足 この曲の良さを理解するのには、
実に一ヶ月近くを要した。
この練りこみは感心しきり。
まあ、「らしい曲」ではないけど。
ワイン
13.
Fast As A Shark
3:38

-

先輩バンド「Accept」のカバー。
原曲はメタル史上に残る名曲。
即効

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
女性選手の格好が皆エロ杉……。

コホン

ここでは内容ではなく番組としての形について述べてみる。
そういう点から見ると、かなりいい部分が多かったと思う。

競技の行われる前には、競技の性質。見所。選手紹介のVTRが流される。
各有力選手にはあだ名を付けてキャラ付け(特徴付け)をする。
ネーミングセンスはともかくw ここら辺は、昨今流行の格闘技等の手法を
うまく応用している。興味のない・薄いファンに競技の魅力を伝えるのに
とてもいい作用があったろう。

ここで、ちと長めの脱線をしてみる。上記の文に「うむ!」と思われた方は
別に飛ばしていただいてかまわない。

スポーツや芸術(絵画、音楽、所謂「文化的」なもの)は「良いものは頭で考えて、理解するんじゃなくて心で感じるんだ」みたいな風潮があるが、
これは大きな間違い。「知識に比例してそれ相応の楽しみが得られる」これが
事実だと思う。コアなファンがいわゆる「にわか」連中を厭うのは故無きこと
では決してない(上品な行いでもないが)。知識の薄い人間とそうでない人間
とでは、感じている面白さ、楽しみの深さが全く違うのだ。
(その癖、政治等の「難しい」感じのする問題(例えば演説とか)には
「わかりにくい」とか「もっと説明を」とか言って忌避するんだもんなぁ。
説明責任が半ば放棄されているのは確かに問題だが、知る側の怠慢も同じ位
問題だろう)

例えば、大イベントが定期的にあり、にわかファンが多いことで知られる(笑)
サッカー。目の前の状況に一喜一憂している香具師と、大会・チームの歴史。
監督・選手のキャリア、特徴。あるいはゴシップ含めた小ネタ諸々を理解
しているファンと。感じてる面白さが同質・同量である筈がない。

人気テレビ番組「なんでも鑑定団」では、明らかに印刷物である依頼品を
「○○の直筆。世紀の大発見」と信じてハシャグ依頼人と、本当の掘り出し物
を見つけた時に感慨深げな鑑定人の対比が実に鮮やかだ。

あるミュージシャンの音楽が好きになったとする。一つ一つの楽器の演奏に
アレンジに、歌唱のテクニックに思いを馳せる聴きかたと、楽器その他の知識
がなく、適当にメロを追い、歌を聴いているだけの広がりに乏しい楽しみ……。

そんなにいちいち拘っていたら、返ってつまらないんじゃない?
という意見もあるだろう。「美味しんぼ」の海原雄山や山岡の空気を読まない
発言wが膾炙しているお陰か、結構そういうイメージがある。
だが、実際に一度深い楽しみを味わったらまずそうは思わない。「にわか」の
ままでは終に縁無き衆生で終わるだろうが、少なくとも自分が「趣味」だと
思っていることに関しては突き詰めてみたら、その「楽しみ」がいかなるもの
かが解るだろ。

また、リポーター陣も非常に軽妙な喋りで独自性があり、とてもユーモアが
利いていた。小谷実可子氏のサブトラックリポートは毎回、大爆笑だった。
実況・解説も慣れた感じで安心して見られた。日本人が出場していると応援団
と化すのは相変わらずだったけども。

一方、毎度ながら織田裕二の家でテレビ見てる感まる出しのトークとか、
「この後、○○!」と煽っといて始まるのは一時間後とか、過度に俗っぽく
(ワイドーショー、バラエティ然)し過ぎる事への批判も結構、色んな所で
見たが。

好きな人は競技さえ余す所無く見られれば、多少のことは我慢するし、
深夜だろうと関係ない。しかし、普段あまりスポーツに興味のない人間に
連日深夜にわざわざテレビを見せるには、競技以外の魅力が必要なのだ。

大体、後者は最早「蕎麦屋の「今出ました」」並に信憑性皆無の慣用句
と化しており、新聞その他見れば普通に開始時間載ってるわけで。
前者は良くも悪くも個性かな、と。ネタとしては非常に秀逸だしねw
(99のANNでもよく採り上げられる位に)。何だかんだで、彼が発言する選手
は、結果的に視聴者の印象に残る。

織田裕二語録
織田さんの発言集

多分、アナウンサーと解説が毒にも薬にもならない発言を淡々としてたら
眠くなる様な希ガス。


しかし、アメリカのリレーの下手さ加減は一体なんなんだ……。
男子100×4ではモーリス・グリーンが見られなかったし。女子400×4では
ロシアとの直接対決が見られなかった。本人達も残念だろうが、見てる方の
脱力も凄かったぞ。 このページのトップへ
結構前になるが、こんな話題があった。
『iTunes』のプレイリスト共有機能で問われる音楽センス

今や服装なんてのは勿論、iTunesのプレイリストでもその人のセンスが
色々言われたりされる時代らしい。iTunesのプレイリストから、というより、
それを氷山の一角とした、そこから透けて見える音楽生活──その人が
どういうジャンルの、どんなミュージシャンの曲を聴くのか、それについて
どの様に語り、伝えているのか──という感じだろう。

上の記事を見るに、よそ行きのプレイリストを作成したりもしているとの事だ。
まあ、これに対する反応としては、「他人の目を気にして音楽なんか
聴いてられない
」「自分の趣味を貫け」「音楽に貴賎はねーよ」といった
類の意見が頭に浮かぶ。実際、この記事がアップされた当時もそんな意見が
大勢あった。

とはいえだ。開き直ったヲタクほど見苦しい者は無い、などと言いたくは
ない。しかし「音楽に貴賎はない」「好きならそれでいい」というのは
真実味はあっても、現実的ではない。
いわゆるヲタク趣味で置き換えて考えてみれば解りやすい。
例えば、アニメにしろ、マンガにしろ、ゲームにしろ、履歴書の趣味欄に
書こうものならどうなるかは、容易に想像できると思う。
クラシック音楽の鑑賞とハードロックを聴くこと(「ムソルグスキーが好きです」、
というのと「NASHVILLE PUSSYがクールだぜ」というのと)、では相手に与える
印象はまるで違う。社会的な一般認識上、身分差というものは確実にあるからだ。
カラオケでドン引かれる様な曲しか歌えない状態で、合コンに行こう
と思う人は少ないだろう。真実ではダサくなくても、現実ではダサいのである。

初めっから上記の様な開き直りが出来る人なんて、実際は物凄く少ないと思う。
いきなり開眼する様なのは逆に問題で、ある種の殻に閉じこもってしまってる
ともいえるかもしれない。「俺は○○が好きだ! けどやっぱ女の子の前で
いうのは恥ずかしい……。」的な葛藤を日々繰り返して、次第に自分の趣味を
客観的に把握したりできるようになり、結果、確固たる価値認識ってのは
形成されて、ぶれないハッピー状態になるんだろうから。

で?
……………………。

うわー、オチが無いですよ。
そもそも、なんでこんな意味不明文を長々と書き連ねたかというと、
ミュージック・バトンなるものについてぼんやり考えている内に、こうなって
しまったのだった。下手したらプレイリスト以上のものを曝け出してるわけで。
もう、その筋の人から見たら、きっと卒倒しそうな情景が、最近のブログ界を
駆け回ってるんだろうなぁ、と。人のことはいえません、ええ。
(その他、色々喧しくバトンが駆け巡ってますが、全部同様)
このページのトップへ
以前から常々述べているが、私はシンプルなデザインが好きだ。
それは例えば、アップルのiPodシリーズであり、Powerbookシリーズであり。
ソニーのコクーンPSONEであり。
最近では携帯電話のTalbyなんかも↑程ではないにしろ、なかなかツボを突いてくれた。

でだ。今日、あのアップルがまたやってくれたわけだ。「マイティマウス」の発表である。
(はじめ検索したらこんなのが出てきて焦ったがw 

見たまえこのデザインを!! これを神といわず何をいうのか……。
(ちなみに、他の凡百のマウス

今までの透明のマウスも相当カッコよかったが、さらに抜きん出た感がある。
思わずうっとりと、いつまでも見ていたくなってしまう。

これだけ美しいとそれだけで満足なのだが、ことがマウスだけに、使い勝手も
気になる所ではある。色々使った結果、日常私は大きめのマウスを使うことに
している。具体的には握るというより置く感覚で使えるものだ。
その点では、マイティマウスはちと小さいかもしれない。

機能面で一番気になっているのは、スクロールボールである。
正直、今あるボールが乗っているマウスは使えたものではなく、
360度の操作が可能とはいえ、回転を任意に制御しずらいトラックボールは、
ホイールに劣ると思っている。少しだけ画面を動かしたいのに、
画面がグラグラして「イラッ」となるのが頻発するからだ。

ホイールクリックで360度の操作が可能なものの方が、一手間増えるとはいえ、
制御は容易で有用と思い、実際そちらを使っている。

このマイティマウスのスクロールボールが、今までのトラックボールの
問題点に如何なる解決を図っているか、非常に注目したいところである。 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

07月 « 2005年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。