FC2ブログ

snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
● 終わりのクロニクル5<下>
終わりのクロニクル5<下>" ・ 作者 : 川上稔
・ イラスト : さとやす(TENKY)
・ 出版社 : メディアワークス
・ 発売日 : 2005年07月10日
・ メディア : 文庫

detenteという言葉がある。仏語で"緊張と緩和"の意だが、これは快楽を導き出す
原則の一つである。さらに汎用的な物言いに換えるなら、ストレス(もやもや)が
解消された時、人は快感を感じるということ。カタルシスといえば、耳に覚えの
ある方も多かろうと思う。

物語に於ける、伏線が次々に収束していく爽快感はここにある。ましてや、地雷原
の如く伏線が埋め込まれた川上作品のそれが、いかに凄まじいかは、皆さん今回
身をもって体験したものだと思う。これだけ気持ちのいい伏線引っぺがしは、
川上作品の中でもEEや香港以来だと感じた

今までは、根底に大きな謎が地層の如く寝そべっており。その上にある小謎が
各巻上巻で持ち出され、下巻で小謎と大謎の一部を解決。いくつかは持ち越し。
というパターンだった。今回は、一巻から溜めに溜めた謎(伏線)を一斉消化
フリが大きかった分、効果は抜群だった。長編ならではのメリットだなぁ、
と感じ入った次第で御座います。
(しかし、風見の経歴がヨルス攻略のヒントになったり、一体一巻時点で
どんだけ細部まで詰めてるんだ川上氏……。改めて畏れ入った)
(勿論、今巻で増えた謎も未だ持ち越し状態の謎も多い。田宮家の御堂。
詩乃との関連。UCAT空白期。そして新たな謎Top-G、等等)

今巻は前半、各キャラの悩み解決&対7th-G(四老人)。後半は対軍。難敵である
四老人を撃破したと思いきや、軍の奇襲を受けるUCAT、という怒涛の様な流れ。
戦闘に次ぐ戦闘なわけだが、テンポよくお馴染みの燃え科白疾走バトル都市の名シーン再現があるわけで、全く単調さなど感じさせない。

全竜交渉部隊反抗の合言葉、「返事はどうした」「Tes.(;テスタメント)」と、
それに対抗した軍の「聖罰(;judgement)」×7。この相似形の応援合戦は、
かつて、「Nights」のラスボス前でナイツと同能力のリアラと遭遇した時の様な
興奮を呼び起こした(誰がわかるのか)。燃える燃える。

また、P333の戦闘描写はOSAKA(下)以来、封印気味だった散文詩調の究極系
美しささえ感じさせた。まさか、ここで復活が見られるとは!

引っかかったのは、米国UCATの機竜12体が一撃で沈んだシーン。インフレし過ぎ
とオモタ。いくらなんでもなぁ。なんか工作活動で混乱させられて出撃不可に
なった、って方がまだ納得できた希ガス。


購入報告でも述べたが、これで最終巻じゃないんだからなぁ。わかっていても、
ちょっと後書を念入りに確認してしまったよ。ファーストピークというやつか。
しかし六巻が最終話ではないのだとすれば、流石に、六巻は一休みかな。
こんだけ盛り上がっちゃうとね。再び溜めに入るのかも。


●キャラ別短雑感
・ややエロ:竜美が自分の同一存在だと判明した直後、「だったら仲良く」と
即座に言えたりする所が、非常に愛すべきキャラクターだと思った。まあ、姉の
行方探しが元々戦う目的だったから当然かも?(最後まで「美樹姉さん」だし)

・佐山:ガンダムXのサテライトキャノンよろしく。頼りになるにも程があるぜ。
とはいえ、今回はハジの言葉責めで卒倒してしまい、ディアナ以来の不覚を喫した

・ヒオ&原川:こっちも再現シーン多数。悉くギャグに変換されてしまったがw

・熱田:てっきり出雲だと思った。思いっきり忘れてたよ。気付いた瞬間に大爆笑
した。命刻を抑えきった辺り、剣神の面目躍如か。

・鹿島:黄泉に脅される蔵馬を思い出した。ハジは優しかったけども。

・ヴァイオレット:てっきり直後の挿画は彼女だと思ったのにーーー。

・趙先生:。゚(゚´Д`゚)゚。

・竜美:ある意味で一番恐ろしい人。ハジ以上に揺らぎがない(アレックスは
アレなんでともかく)。まだ佐山と戦ってないからってのもあるかな?
単体戦闘で彼女に勝てるのは、やはり佐山くらいだろう(全竜交渉部隊内)。

・ヨルス:もうちょい捻った仕組みと思いきや。そこまで期待を外さなくてもw



●最大のポイント
そして……! 今回のMVPは、、、風見・千里
!!

自らの存在理由に悩み、深く沈潜するのがいままで通りなら。覚醒後、鬼の様に
強くなるのもまたしかり。正に、ベレッタの対黒竜戦をなぞるが如しで。病院での
一連のシーンはもう、
ぼろぼろキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
二重螺旋キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
護ることが本分キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
と興奮しっぱなし。おまけに月をバックに歌まで歌われた日には、
オテ\(´Д`;)/アゲ

この感情を表して人は言う「至福」、と……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

06月 « 2005年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。