snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ドイツ、善戦及ばず=コンフェデ杯ブラジル戦 戦評

断り書き。
ウィンブルドンも見つつ、だったのであんまりしっかり見られてませんが、
ご容赦をば。

結果はブラジルが3-2で勝利
得点経過は、
・ まずブラジルがアドリアーノの弾丸FKで先制。
・ 直後、ドイツがコーナキックからポドルスキーがヘッドであわせて同点。
・ 41分。アドリアーノがゴール前で倒されPK。これをロナウジーニョが決め再び、
勝ち越し。
・ しかし、ロスタイム。ドイツもPKを獲得し、バラックが決めて同点。
ここで前半終了。


しかし、まぁ日本戦と比べて、ブラジルの好き勝手具合が随分低いな、やっぱり。
もう、びっちりと試合が引き締まっている。逐一の当たりの強さ。局面での判断
等、世界の頂点は違う。まあ、日程の問題(ブラジルは中二日、独は中三日)や
主催国相手、等の要因もあったろうけど。事実、カカーは日本戦に比べてかなり
調子が落ちてた(代わりに日本戦微妙だったアドリアーノがキレキレだったけど)。


そして、後半。打ち合いになった前半と打って変わり……膠着。
どちらも決定機を生み出せずにずるずると時間と体力が削られていく。

と、なると。個人技に勝るブラジルよりの展開になってくるわけで……。
案の定。アドリアーノがDFを強引に振り切りながら、ゴール右隅に決め、
三度、リードを奪った。今回に限らず、ブラジルの選手は試合中に突如
スーパーサイヤ人化するからなぁ。そうなったらどうしようもない……。

ここからの独逸が個人的に意外だった。
サッカーで独逸といえばゲルマン魂、と形容される。大舞台、土壇場での逆転が
多い(印象的)なことから、最後まで諦めない姿勢をあらわす。
Vゴール(ゴールデン・ゴール)方式が最も似合わない国、それが独逸。
だったのだが、今日は完全に(´ ω `)くれてしまっていた。足も止まって、
元気の出てきたブラジルに日本の時のような攻めを許していた。ロスタイムでは
みすみす時間稼ぎをくらい、最後のコーナーキックはやや意地を見せたが、
ちょと情けなかったように思う。

まあ、しかし、ブラジルの三点目が入るまでは両者譲らずの展開で、
見ごたえのある試合だった。日本、未だ遠くおよばず!!
スポンサーサイト
このページのトップへ
記号 評価の意味に関しては初回レビュー冒頭を参照してください。)

 

almora.jpg

 

レビュー二発目。
今回紹介するのはトルコの七人組「Almora」の「Shehrazad
(邦題「魅惑のシェーラザード」)アルバム。千夜一夜物語の語り部である
歌姫の名を冠されたこのアルバム。えー、ジャケットとタイトルを見て、
想像出来た通りの内容ですw(歌詞も曲も)
とにかく、フルートが。ヴァイオリンが。踊る踊る!
4、5曲目ではチェロやヴィオラまで登場して、それはそれは悠久絢爛。

 

ジャンルは民謡メタル(フォーキッシュ・メタル)なのですが。
通常それが指す内容というのが、いわゆる北欧風味(有名所でいえば
エンヤとか、「指輪物語」のホビット庄の曲とか)の民謡なのに対し、
この「Almora」のそれは違う。

 

一言でいうなら、そう、アラビア~ンな感じ。
実際に聞き比べれば、その違いは直ぐにわかると思います。

 

聞き比べる相手は欧州型民謡メタルの第一人者「ElvenKing」の、
The Silk Dilemma(ttp://www.elvenking.net/media/silk_dilemma.mp3)

そして、以前オフ会の記事でも紹介した「Highland Glory」の、
From the Cradle to the Brave(ttp://www.highlandglory.com/mp3/Highland%20Glory%20-%20From%20the%20Cradle%20to%20the%20Brave(sample).mp3)

Almora」の公式サイトで流れる音と比較してみましょう。
違いは明白ですね。

 

アルバム全体を見ると、女性ヴォーカルによる純民謡調の曲と、
男性ヴォーカルによるツインギターが弾ける正統派色の強い曲とが
混然となっており、人によってはその未分化感に違和感を覚える
可能性もあるでしょう。

 

まあ、評価に関しては言うまでも無くマニアですなw
属性持ちの方なら即買いの方向で。冒険してみようと言う人にも
お薦めですよ。↑の通り、何故か日本版も出てますしw
流石キャプテン!(日本版のボーナス二曲もどちらも笛バリバリの佳曲)

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
.Fantasy
5:52
悶絶

いきなりキラーソング。
疾走民謡メタル。
笛が! 笛が! 
ヴァイオリンが!
ヴァイオリンが!

即効

2.
Rainbow
4:15
満足 さらに民謡風味増量。 即効
2.
Nightmare
5:07

普通

男性ヴォーカルが登場。
ギターが前面に出ている。
普通
4.
1001 Nights
2:34
イイ! 完全なるフォークインスト。
雰囲気満点。
メタル的ではない。
スルメ
5.
Shehrazad
4:24
イイ! 2.に匹敵する民謡メタル。
全編が女性vo.による
コーラスになっており、
ゆるゆるとしたリズムと
あわせて、何とも不思議な
一曲。
普通
6.
Gunesin Ozanlari
4:12
イイ! 疾走曲。非英語曲。
笛→ギター→ヴァイオリン→
ギター&ヴァイオリンのハモリ、
というソロ展開がたまらん。
普通
7.
To Live Is To Fight
3:21
イイ! 再び男性vo.。
今までのアラビア~ンから
一転、かっちょええ正統派
メタルになりますw
笛、ヴァイオリンはしっかり
登場
普通
8.
Hold On To Your Dreams
4:37
普通 前曲の展開を引き継いだもの。 スルメ
9.
Dream On
3:58
イイ! 女性ヴォーカル。
アウトロ的な曲。
アコギだけをバックに
切々と歌い上げる。泣ける。
普通

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ
おあっ。重大なことを忘れていた……。
「レビューポリシー」についてだ。

まずは"ネット"レビューというもののあり方について、私の意見を述べたい。
レビューというと私を含め多くの人は「客観的な対象の評価を述べるもの」
というイメージがあると思う。他人に見てもらう以上恣意的な表現は、
出来るだけ避けるべき、ということ。

ここでは「客観性」についての議論はしないものとする。

しかし、果たしてそうか? 客観的というからには、一つの対象への見方には
それほど違いは生まれない。表現の差異(誤差)を考えても二、三人が書けば
充分だと思われる。しかし、ネットでレビューを書いてる人間は二、三人どころ
ではない。私は本サイトの雷X氏のサイトの紹介文でこう書いた。

彼の書く文章は、巷にあふれる報告書の様なレビューとは一線を画す。
ずしりとした"我"があるのだ。作品の本質を一掴みにし、それを自分自身と共に
迸らせている。その熱さは強力な訴求力をもって読み手を圧倒するのである。


(雷X氏のサイトではレビューではなく感想となっているが、界隈に於いては、
ほぼ同義に用いられていると解釈しているので、ここでもそうとする)
これが結論だ。レビューに書くべきは「それが作品の本質だ(と自分が感じた事」
であってそれ以外ではない。(自分が感じた、というのが肝要。例え対象のファン
全員に否定されたとて「百万人と雖も我行かん」の精神で。尤も、その楽器が
使われていないのに褒める、などどいった単純な間違いは別だ。いうまでもなく)

では翻って先日の私のレビューを見てみよう!

……………………………………。
…………………………。
………………。
……。


残念なお知らせです。↑で述べた「客観的で」、「二、三人分あれば充分」な
レビューに思いっきりなっておりました(死 世間のトレンドに万歩遅れて
レビューなんぞ始めたというのに、この体たらく。泣けてくる。

というわけで、このサイトのレビューというものは、
主観バリバリな文が苦手な人間が、レビューとは主観を書くものだ、といいつつ
全然そうなっていない文を書くという、そんな凡百などうでもいいレビューになる
と思われますが、よかったらご覧くださいませ。ハハハ……。
なお、作品内の評価(イイ!や満足)は絶対評価ですが、当然A級アーティストと
B、C級アーティストとではその含意は違うでしょう。同じ"イイ曲"という表現
であっても。それは例えば、回転寿司に対する美味しい、と高級寿司に
対する美味しい
が違うようなもの、と解釈していただければよいかと思います。



補足:
客観的アプローチで、かつ有用なのを作ることも、当然不可能ではないでしょう。
が、流石にそれをするにはblogでは不十分だし、やる気も相当いるからね……。 このページのトップへ
終わりのクロニクル5<上> なんと、今頃になってblog開設以来初の川上ネタw
まあ、ニュースもデータも本サイトでやってるわけで、よく考えると、
こっちでやるとしたら感想くらいしかないよなー、と。そんなわけで、 感想。

● 終わりのクロニクル5<上>

終わりのクロニクル5<上>" ・ 作者 : 川上稔
・ イラスト : さとやす(TENKY)
・ 出版社 : メディアワークス
・ 発売日 : 2005年06月10日
・ メディア : 文庫
なんというか、溜めてるなぁ、という感じ。今までの四巻は主要キャラ
(都市主人公の元の人たち)を二人づつ出しつつ、敵も出しつつ、物語を
進めていた。必然的に比重が新キャラ達に置かれて、他、主要キャラが脇を固める、
というのをローテーションでやっていたわけだけど。今回は全員(軍含む)が
過去を語り、探索するという展開なので、もの凄い布石感がする。
全員が全部、下巻への仕込みというか。

● キャラ別短雑感
・風見 : 安心して見ていられるなぁ。本当に、アキラでありベレッタなんだ。
一巻冒頭に繋げてこのままフェードアウト説も出てたけど、そうはなるまい
・出雲・覚 : 義腕キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!
・出雲・烈 : 小型太陽を触れるだけで破砕! こういう、"戦わない最強キャラ"が好き
・ギュエス : えー。登場以来シビュレにしか勝ってないような……。
てか、ヘカトンケイルシリーズって全員詰めがあm(略
・シビュレ : こっちは激しく予想外。イラストも性格も一巻時の予想とかけ離れている。大人ーな外見と思いきやそうでもなかったし、中身も最近暴走気味w
・ヒオ : 脱ぎ杉。ゆくゆくはディアナ級の巨乳!?
・四老人 : こんな重要キャラクターだったのか! 視点を変えるだけで
あのギャグ老人達にこうも悲壮感が漂うとは……。
・趙先生 : これは確信犯だったのかねー? >川上氏
外見はマレットみたいなのを想定してた。ここまで若いなんて。

 

今巻最大の見所
ブレンタンとジークフリートの絡みにつきる
ええカップルや……。

 

気になった所としては、イヤアイテムのネーミングのキレがこれまでに比べると
弱かった点かな? 「魔法少女スター☆リン」は素晴しかったけどねw

 

あー。未読者の事全く考えてないなーw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ
記号 さて、このブログになって初のレビューというか感想というか。
形式が独特なんで説明。評価の意味は↓の表の通り。
それに加えて、タイプを三種類で決めている。
基本は、即効─普通─スルメ、の三タイプ。特例で長熟とか
特殊なタイプもあるかもしんない。

 

 

▼アルバムの総評

記号

その意味

点数

スルー

イラネ

∞~20
待ち

レビューやサンプルをじっくりと確かめて、
自分の好みと照らし合わせてからにしよう。中古も考慮なら

20~40

マニア

特定の属性を持つ人にはクリティカル。
それ以外の人はスルーしよう。

-

普通 普通に聴いて普通に楽しめる。 40~60
OK お金と時間があれば是非手に入れよう。
損をすることは無い。
60~80

買え!

人生を豊かにしよう。 80~100

 

▼曲の評価

記号

その意味

点数

スルー

いわゆる捨て曲

∞~20
待ち

曲としての魅力は薄いが、アルバムの構成要素
として「そこにある意味」は感じられる曲。

20~40
普通 普通に聴いて普通に楽しめる曲。 40~60
イイ! 魅力的な楽曲。 60~70

満足

↑よりはいいのだが、↓程ではない曲。 70~85
悶絶 アルバムに一曲は欲しい。
「この曲の為に」という曲。
85~95
ネ申降臨 アーティストにつき一曲あるかないかの大傑作。
二曲以上こういう曲をもってるのは、いわゆる
モンスター。
95~∞

 

 

記念すべき一枚目は、英国の五人組「PowerQuest」の3rdアルバム
「Magia Never Dies」
Magic Never Dies

彼らの音楽の特徴はなんといっても疾走感と、それに加えての爽快感。
真っ青な空をダイビングしている様な心地がする曲、という感じかな。
もう一つの顔であるミドルの曲なんかは、メロディックハードと
北欧メタル(メロスピ)の中間の様な趣がある。それらも基本は哀愁よりも爽快感
重視の"陽メタル"なのだが、6や8の様に、哀愁を感じさせる曲もある。

 

このバンドはキーボードとギターがいるが、ユニゾンソロはなく、
ギ~キ~ギ~キ、みたいな感じの交代にソロをひいていく曲が多い。

 

全体的にはかなり満足の行った一枚。OKだろう、これは。

 

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1.
Ascension
2:04
普通

イントロ

-

2.
Find my Heaven
4:12
悶絶 これぞパワクエ節! 
刮目して聴け。
即効
3.
Galaxies Unknown
5:02
満足 これがベスト曲の方も
数多いことでしょう。
即効
4.
Hold on to Love
5:01
待ち うーん。どうということもない。 普通
5.
Diamond Sky
3:57
満足 3.と似てる。
つまりはイイ曲ってことw
即効
6.
The Message
6:14
普通 これは珍しく哀愁系。
なかなかイイ!
普通
7.
Soulfire
5:04
イイ! 初聴時はシンプル過ぎるか
も? と思ったが数回聴くと、
やみつきに。
スルメ
8.
Children of the Dream
6:08
普通 いやー。ソロがいいね。
これも哀愁系といって
いいかな
スルメ
9.
Strike Force
6:22
満足 戦闘機の風音が耳に聴こえる
素晴しい疾走感!
即効
10.
Another World
7:43
普通 イントロを含む各所に
鏤められた 東洋風フレーズなど、 聴き所は多い。
スルメ
11.
Magic Never Dies
6:14
満足 タイトル曲だけあって 素晴しいけど、
サビにもう一盛り上がり 欲しかったかも。
ソロは最高
普通
12.
The Longest Night
5:24
イイ! ボートラではあるが、
質も雰囲気も全く違和感無し
即効

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ
昨日は雷X氏主催のメロスピオフ会に行って参りました。今年の二月以来、
通算にして三度目の参加になりますが、毎回新たな出会いがあり、本当に毎回
最高に楽しい! と、ネット時代の恩恵受けまくりな叡昭であります。

此度の参加メンバーは、雷予報氏。masaru氏、初参加のKamui氏、と雷X氏と私の五人。

今回も、携帯スピーカーに持参のプレイヤーをつないで、各人お薦めの音源を流しつ
つ、ひたらす濃いーメタル談義。てか、曲はおろか、名前すら聴いたことも無い
アーティストの話ばっかりな感じでw メロスピと一口に言っても、このジャンルは
本当に細分化が凄まじく、お互いに守備範囲が違う為、新鮮過ぎる感動がしばしば
訪れる。
今回一番嬉しかったのは「Highland Glory」の「From the Cradle to the Brave」(サンプル:ttp://www.highlandglory.com/mp3/Highland%20Glory%20-%20From%20the%20Cradle%20to%20the%20Brave(sample).mp3)をフルで聴けたことw いやー誰も知らないだろうけどこの曲は個人的に神認定だったんで、やっと宿願を果たした感じ。

初対面のKamui氏は雷Xさんとは違った意味で熱かった……。
バンドマンでありDJであり。プレイヤーでもあり、作曲もしている人間の吐く言葉
というのは重い。本職の真剣さはやっぱ桁が違うなぁ、と。今思うとかなり僭越
(って言い方もアレだが)な事を言いまくった希ガス。懸けてるものが違い過ぎる
ものなぁ。

いや、さらにいうなら。参加者の中で私のメタル暦はダントツで短い。雷X氏は
いうに及ばず、私に伝道してくれた雷予報氏が喜ぶネタを次々と繰り出せるmasaru
も半端ではない位に知識が深く。全く持って得るものは非常に大きい。

まあ、そんなわけで、メロディックスピードメタルフォーエヴァーーーーーー!!!


↓────────────↓その後↓──────────────↓
日付が変わってしばらくしてから帰還。
風呂に入って早速、2ちゃんねる川上スレの大神祭(ネタバレ祭)にROMで参加w
睡眠時間4時間だったけど割と目は冴えていて、結局四時ごろまで色々やってた。
久々にハードな一日だったなぁ……。 このページのトップへ
日本、ワールドカップ出場! ドイツへ一番乗り(スポーツナビ)

まずは、日本代表W杯出場決定おめでとう

それにしても……。本当に畏れ入るのはジーコの運だ。アジア杯他での奇跡についてはもはや周知なので、今は繰り返さないが、その運はつきることがないらしい。
本日のジーコの強運は、勝ったことではなく、世界でW杯出場決定一番乗りという
点。

早速FIFA公式でも取り上げられている。国内外で割りとクソミソに叩かれているジーコだが、結局はコレ↑だ。チームを導いてW杯出場一番乗りさせた。そのニュースだけが世界を駆け回るのだ。通常ならば、一番の座はアルゼンチンのものだったのに。皆が日本は世界で二番だ。それでも嬉しい、と思っていたはず。
しかし、あろうことかブラジル戦の為に主力を温存したアルゼンチンは、格下のエクアドルに不覚をとってしまった。

そして栄光が手元にころがりこんできた。正に風間園長なみの豪運である。
ジーコの魅力にさらに嵌りたい人はジーコっていいヤシだな  7ホレ目へ。

W杯の出場決定自体は、前戦バーレーンに勝った時点でほとんど決定してた様なものなので言うほどの感動はない。バーレーン戦終了の時点で、日本が三位になる可能性は、

・日本が二連敗して、かつバーレーンが二連勝

このパターンだけである。これはどういうことかというと、日本が仮に北朝鮮に
負けたとする。その裏の試合では、W杯出場決定をかけてイランが本気でバーレーンと戦う。この試合に勝たねばならない段階で既にバーレーンの望みは薄い。加えて。日本敗戦。バーレーンがイランに勝ち、という状況になったとしても。日本の最後の
相手はイラン
だ。日本とイランは引き分けなら仲良く一緒に予選突破。どちらも勝つ必要はまったくない。怪我のリスクを負うような本気プレイをする理由もない。

つまり日本がバーレーンに勝った時点で、日本×イラン戦の引き分け予定調和路線が完結してしまっていたわけだ。とはいえ、やっぱ事実上決定と決定では気分が全然違うのは確かではある。


さて、本日の北朝鮮ではゲームの勝ち負けとは別に、見た人なら誰もがネタに
したくなる様な出来事がありました。実際、私もネタ画像を作ってたんですが、
各所のブログと被りまくった為wリンクを張るにとどめておきます。トホホ。

肉欲
裏チャブログ - 北朝鮮戦の乱闘画像(拾い物 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

05月 « 2005年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。