snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
本日は競馬の祭典「日本ダービー(東京優駿)」。ダービーデイは毎年、
いずれの国の競馬界でも、最も盛り上がり、浮ついた一日となる。
(まあ売上では暮れの有馬記念がダントツなワケだが。それはそれとして)

それほどのダービーというレース。しかし、今年のダービーはさらに、数年に一度、
あるいは十年に一度といってもいいかもしれない、未曾有の注目を集める
レースとなった。

そのわけは……。
ディープインパクトなる馬の存在である。デビューから五戦五勝。
いずれも他馬を寄せ付けない圧勝劇。無敗の二冠の、そしてその先にある
三冠の達成を夢見て。皆が、久々の、本当に久々のスターホース誕生に
心を躍らせたのが、今年のダービーだったのだ。

結果はやる前から皆が解っていたと、思わせられる内容で、
五馬身差の勝利。タイムはレコードタイ。新たなる伝説が今日、
正に繰り広げられた。


─────────ここまで一般論──────────


さて、恐らく大半の競馬ファンの思いは↑の通りだろう。
私もそうだった。(ディープについて、もっと熱い記事が読みたい!
という方は肉欲へ行くと良いでしょう)
しかし、競馬の楽しみはそれだけではない。
負けた馬にもそれぞれのドラマがあったりするのだから。
まあ、先日書いたオークスの記事を見れば解るとおり、
私が今日応援していたのは、ディープではなく、インティライミである。

ディープと対戦経験がないということ、前走の勝ちっぷり。
同父の娘シーザリオの活躍。などの要因で二番人気の支持を得た。
そして、堂々見せ場のある競馬で二着に入った。

先行し、武器である息の長い脚を活かして4コーナーからスパート。
内ラチ沿いのコース最短距離を走り、結果三着に二馬身半の
セーフティリード保ったままゴール。素晴しい。これは相手が
悪かったというべきだ。秋も期待が持てる走りに満足した。

と、同時に感じたのが。
「なんすかこのレベルの低さは……。」
外国産馬のダービーといわれる(今は言わないのかな?)「NHKマイルカップ」で
牝馬に上位独占を食らうだけはある。今年の牡馬はやばいだろう。
(クラシックホースがその年の「ジャパンカップ」で、最下位争いを繰り広げた
エアシャカール・アグネスフライトの時代を思い出した)

稀代の名馬ディープが強いのは間違いない。恐らくどこの時代のダービーに
放り込んでも、勝ち負けするだろう。しかし、そのお陰で隠れているが、
他の馬が弱すぎる。先行で粘るインティライミを二着狙いの差し、追い込みが
全く届かないって……。

せっかく、久々の名馬誕生なのに、これではもったいなさ過ぎる。
スターホースの伝説は一強ではつまらない。頼みの綱の上の世代は
人気という面では絶望的だしなぁ。せっかく競馬人気復活の兆しがあるのに
これで海外遠征なんかされたら、JRAは痛過ぎるだろうなぁw

秋。ライスシャワーもしくはグリーングラス的な馬出て来いッ!

因みに……。
ダービー馬は、以後活躍できないというジンクスがある
その年の間はまだギリギリ活躍できても、古馬になってからは
サッパリなのである。否、そもそも怪我などで出走すら出来ない
ケースも数多い。

日本競馬史上、ダービー馬で古馬GⅠを二勝以上した馬は、

・シンザン(天皇賞秋、有馬記念、宝塚記念) ※
・シンボリルドルフ(天皇賞春、有馬記念、ジャパンカップ) ※
・トウカイテイオー(ジャパンカップ、有馬記念)
・スペシャルウィーク(天皇賞春、秋、ジャパンカップ)

この四頭だけである。僅かに4/71だ(※は三冠馬)。二連対と枠を広げても

・カツラノハイセイコ(天皇賞春、宝塚記念:二着、有馬記念:二着)
・サクラショウリ(宝塚記念、天皇賞春:二着)
・メイズイ(天皇賞春:二着、有馬記念:二着)

と三頭が加わるに過ぎない。ダービーを勝つということが、どれだけ
馬に多くの負担を掛けるかが解る事実である。なお、歴史に残るかもしれない、
という題名はこの理由故。かなりの名馬であると、断定気味に語られた
キングカメハメハのダービーすら、故障→引退となってしまったことで、
やや色褪せつつある。ディープもこの二の轍を踏まないとも限らないからだ。

これまでディープインパクトというと、「アルマゲドンに食われた映画」という
イメージしか浮かばなかったものだが、今後は違った認識を持って語られる
言葉となるだろう。それは間違いないと思うなw
スポンサーサイト
このページのトップへ
マジョルカ、大久保の大活躍で降格圏内脱出=スペインL

キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!
ふふふ。来ましたよ。大久保さんの時代が。
デビュー戦で1ゴール1アシストの衝撃デビューを飾りながらも、その時負った
傷の影響もあり、その後数試合は低迷。結果、最近までクーペル(監督)に放置を
食らっていたが、この土壇場でついに復活! 

前々節。終了間際の出場ながら"幻のゴール"で好調ぶりをアピール。
前節。エースのルイス・ガルシアの疲労を考慮して……という消極的理由から来る
起用ではあったものの、見事に結果を出して見せた

そして今節。初ゴールの相手であるデポルティボに対して、またしても縦横無尽の
大活躍。1ゴール2アシストと奮闘した

<2ちゃんねる大久保スレのレポ>

345 名前: [sage] 投稿日:2005/05/23(月) 07:12:10 ID:GIXLwtPL0
アシストシーン
右サイドスペースにスルーパスに抜け出し、ゴールライン近くペナ外で
ロメロと対峙。一瞬ピタリとボールを止めて、ロメロが寄せた瞬間
逆を付いて完全に抜き去り、余裕を持ってゴールを横切るグラウンダーパス。
ファリノスが天井抜きに叩き込んでゴール。

2点目
1点目と同じような形でロメロと対峙。
例のヒール使って抜くやつで抜きにかかるが普通に失敗。
その際おもくそロメロのシャツを引っ張る。ロメロがファウルやと言ってる
間にタッチラインを割る前にボールを保持。すぐさまクロス。
そのクロスがビクトルの頭をかすめ、逆サイフリーのアランゴへ。
アランゴはキーパーをよく見て落ち着いてゴールへ流し込んでゲット。

三度ロメロと対峙。完全にイニシアチブを取ったつもりで、ゆっくりとフェイントを
2度3度といれていると、フォローに来たドゥシェルにパス出した後、おもくそ蹴られる

ゴールシーン、難しい局面を巧みなテクニックでアランゴに落とし、
アランゴのアウトサイド浮き球スルーパスに抜け出し、
キーパーの股を落ち着いて抜いてゴール。
ちなみにボールの行き先にいたビクトルが完全にオフサイドポジションも、
プレー関与せずに主審はとらず。

364 名前: [sage] 投稿日:2005/05/23(月) 07:45:31 ID:GIXLwtPL0
VSジョルジュ・アンドラーデ

2得点に絡んだのと、2点目がアレだったのでデポルDF陣を完全に敵に回す。
左サイドで抜け出そうとした所に強烈なスライディングタックル。
ファウルしといて尚文句を付けるアンドラーデ。大久保はニヤニヤ

浮きだまをフィフティフィフティの競り合い。
アンドラーデがボールをクリアも、離れ際にアゴに逆水平チョップ。

マジョルカのクリアボールをアンドラーデが微妙なトラップで処理。
大久保はハンドをアピール。アンドラーデとなんか言い合う。

ロングボールを抜け出そうとする大久保とアンドラーデの競り合い。
大久保は巧く先に身体をぶつけファウルを誘う。アンドラーデ主審に抗議。

この時点でマジョルカ11のファウルのうち5つが大久保被弾。



「おもくそ蹴られる」という表現が個人的にヒットw

降格間際の活躍というと、去年のセレッソ大阪の奇跡の残留を思い出さざるを得ない。やんちゃなイメージのある大久保だが、そのプレースタイルは国見出身らしく真面目そのもの。常に献身的で豊富な運動量を持つ彼だから、他の選手に疲れが見え始めるシーズン終盤にはより輝きを見せるのだろう。ましてや、今シーズンはほとんど試合に出ていないわけで、コンディションの差は歴然としているのかもしれない。

とはいえ、残念ながら残留争いはまだ終了したわけではない。残留を争うレバンテを今節の勝利で順位では上回ったものの、勝ち点差は僅かに"1"。しかもスペインリーグの規定で、勝ち点が等しい場合の優劣は、当該チームの勝敗>総得点>得失点差、という優先順位で決まる。以下にも攻撃偏重のスペインリーグらしい。

マジョルカはレバンテに直接対決で敗れているため、次節マジョルカが残留するのは以下の条件となる。

・ レバンテ勝利の場合
→ 勝利以外で降格

・ レバンテが引き分けの場合
→ 引き分け以上で残留決定

・ レバンテが負けの場合
→ 無条件で残留決定

次節も引き続きの活躍を期待したい。そしてそれ以上に残留を祈りたい。
来期に、ひいては代表選出に向けて退けない一線である。 このページのトップへ
突然ですが、blogはじめてみました。叡昭という名を初見の方は初めまして。
既にご存知の方は今日は。私の正体に関しては「肥沃な情報源をもたらす川 の支流」というサイト、もしくは同サイト内の「川上稔作品大全」を見ていただければ判りますのでそちらを参照してください。

さて上記サイト内の日記を休止して早半年。何故、突然の復活を遂げたのかと申しますと、タイトルの意味がわかる方には一目瞭然。
シーザリオオークスを制覇したからに他なりません
要は、今までズルズルと先延ばしていたblogの立ち上げに関わるもろもろの手続きの煩わしさを、狂喜乱舞のあまりブッ千切ったということですw 元々、父親であるスペシャルウィーク(:Special Week)の大ファンであるので、たたでさえ嬉しいのですが、今回は特別でした。

ワタクシを刺激したポインツ
・今回がスペシャルウィーク産駒の初GⅠ制覇
・しかも勝った馬が一発屋ではなく、本当強い、青毛の見栄えのする馬であること。
・クラシックの第一戦を一番人気で敗退。(レース中に不利を受けており、負けて強しの競馬)
・第二戦、圧倒的な一番人気を背負い、強さを見せ付ける圧倒的なパフォーマンスで勝利。という父親の足跡をなぞる様な勝ち方。
これ↓で興奮するなというのは無理な話でしょう(以下、2ちゃんねる実況板での阿鼻叫喚w)


89 :名無しさん@実況で競馬板アウト :2005/05/22(日) 15:43:09 ID:3BlWb+X10
ザリオおわた
92 :名無しさん@実況で競馬板アウト [sage] :2005/05/22(日) 15:43:22 ID:hElz4Qja0
シーザリオだめぽ
94 :名無しさん@実況で競馬板アウト :2005/05/22(日) 15:43:24 ID:bOyTHteo0 ?#
シーザリオこれで買ったらつよいよ
95 :名無しさん@実況で競馬板アウト :2005/05/22(日) 15:43:34 ID:JtvhwIJT0
シーザリオオワタwww
96 :名無しさん@実況で競馬板アウト :2005/05/22(日) 15:43:40 ID:bOyTHteo0 ?#
シーザリオ終わった
97 :名無しさん@実況で競馬板アウト :2005/05/22(日) 15:43:42 ID:6C4mVjv8O
ザリオ飛んだ!
99 :名無しさん@実況で競馬板アウト :2005/05/22(日) 15:44:00 ID:oWwWMwbS0
バカ福永の騎乗ミスだな
101 :名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:03 ID:bOyTHteo0 BE:77944537-#
つぇええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
102 :名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:06 ID:JtvhwIJT0
何それ('A`)
103 名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:06 ID:oMo9FROQ0
シーザリオつええええええええええええええええ
104 :名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:11 ID:++XfxqQK0
つえぇぇぇぇぇえぇえっぇぇえぇぇぇぇえぇぇぇぇえl
105 :名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:11 ID:IW9KbKr50
強い
106 :名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:12 ID:39w1G5lF0
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
こいつ強すぎ
107 :名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:12 ID:H5tYmHZa0
つえええええええええええええええええええええええ
108 :名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:13 ID:bIr9Z6BV0
糞騎乗だがつええええええええええええええええええええええええええ
109 :名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2005/05/22(日) 15:44:13 ID:hMcW1LOI0
つええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ


とはいえ、二戦ともとてもスムーズな競馬だとは言えず、結果的に馬の自力に相当頼った騎乗に(勿論、陣営の本意ではないにしろ)なってしまいました。桜花賞に続いてこれだけの脚(推定33.2)を使ったということで、脚部に蓄積しているであろうダメージが心配ではあります。
父親は怪我知らずの丈夫な馬でしたが……。その頑健な血が受け継がれている事を、今後の活躍とともに祈りたいと思います。次戦はアメリカンオークスだという噂もありますが、個人的には秋までじっくり休養して欲しいと思うなー。海外に目を向ける前に、まずはラインクラフトに借りを返さねばなるまい。(ライバルに勝ち逃げされる縁だけは父親から受け継がないようにw

さて、来週はインティライミのダービーチャレンジ。初年度産駒が振るわなかった事を考えれば、オークス馬を輩出し、ダービーに有力馬を送っている今年はまさしく夢のようです。

まあ、そんなわけで、いきなりハイテンションな文になりましたが、
コンゴトモヨロシク。 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

04月 « 2005年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。