snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
衣食住、昔から今まで人間の営みの基本中の基本。
現代日本ではその衣食住が(ある程度の)末端まで非常に
高いレベルで整備されている。
ホームレス中学生ならともかく、中流家庭の生活を送っていると、
好みや偏りはあるにしろ、普通にイイ物、に囲まれている筈。

服飾においてはユニクロや無印。
食べ物なら吉野家やマクドナルド、カップメンにコンビニ弁当。
家具ならニトリやIKEAだって、嫌々買うってな事はない。
ベスト10に入ってる音楽を聴いて、中身がカラオケや学生バンド
以下の演奏ってのもないですし(ケータイ小説はあのクオリティでも
売れてるけどw

この状態はつまり過不足が少ないということなので、
コダワリってのが生まれにくい状況というのはわかると思う。
こだわらなくても一定以上の着心地や味や使い勝手に
手の届くわけだから。必要以上の興味を抱く必然性が無い。

では趣味が生まれるときとはどんな瞬間か?
凄くクオリティの高いものに触れる。あるいは逆に低い物に
触れた時だろう。今までのモノに不満を覚えるor今までのモノの
有難さがわかる、みたいな感じで。
これが「違いがわかる」「判断のものさしが出来る」って奴だ。

具体的に言うと、甘口と辛口(といわれている)のお酒を
飲み比べてみる。高級な生地を触ってみる。パターン(型紙)に
定評のあるブランドの服を試着してみる。履き心地のいい靴を
履いてみる。
ギターやキーボードの猛烈な速弾き音源を聴いてみる、
ヤシガニと劇場大作アニメを見比べてみる、
等等、今までの自分の価値判断が揺さぶられる事でしょう。

これで何も感じなければ"向いてない"って奴で。
まあその時は別の趣味を見つければいいわけです。
感じた差に面白みを覚えられない場合も同じく。

注意しないといけないのは、本当は良いものなんだけど初心者には
それがわからない物が存在することかな。「高い金出してこれかよ」
みたいなのは最悪なケース。

しかし趣味が高じると大抵、満足出来る範囲が極小になって
しまうわけで。無邪気に何でも楽しめていた頃と、どちらが
幸せなのか、それはわからないw
スポンサーサイト
このページのトップへ
「あれ? 第一回なんかあったっけ??」と思われる方もいるだろうが、
その通り、第一回は存在しないw かなり前の記事である「至福」が
隠れた第一回なのだ。

それでは早速、先日手に入れた逸品を自慢ご紹介いたす。
「最高級靴読本 vol.2」

最高級靴読本 vol.2」である。
この本の現在の価値はヤフオクマーケットプレイスを参照してもらいたいが、
一目で分かるとおり、いずれも一般的な本の値段ではない

こんな相場を尻目に私の購入価格は500円だった。
相変わらず新古書店の割り切りっぷりは流石としかいい様が無い。
ネット背取りをはじめるキッカケってのはこういう時なんだろうな。

さて気になる内容についてだが……。

ぶっちゃけ上記のような値段で買うほどではないと思うw
といっても、既に入手容易な最新版が発売されているというのが
その理由の大半であり、決してこの本がショボイという事ではない
vol.3が出ていなければ、今もって最高の革靴ガイドブックだったろう。

綿谷画伯の英国旅行記や、著名人の私靴公開、世界の名だたる
ビスポーク靴店の紹介は見ごたえがあった。現在ではアテになるか
わからないが、vol.3の方ではスルーされているブランドの評価が
読めたのも良かったし。

しかし豆知識の類は今となっては陳腐化しているし、何よりカタログ部分が
無意味
なのは痛い。いくら比較的変化の穏やかなクラシック・クローズ
といっても流行はある。革靴に興味のある人は迷わず、今書店に並んでいる
vol.3の方を手に取るべし(靴マニア需要やコレクション用途は除くとして)。

というかラインナップの問題以上に価格の高騰っぷりが半端じゃないので、
これを情報源にするのは危険w平気で数万円上がってるからね。 このページのトップへ
ばくしょう ―せう 0 【爆笑】
(名)スル
大勢の人が一度にどっと笑うこと。
「満場の人が―する」


格式高い言葉じゃないからヌルーされてるけど、これほど誤用例が多い言葉も、
少ないんじゃあなかろうか……。


てな感じで、一発ネタ記事で終わってもいいかなとも思ったけど、せっかくだから
色々関連した例を出してみる。
「要諦」という言葉がある。どう読むかご存知だろうか?
正解は「ようたい」だと私は思っていたのだけど、「ようてい」でも問題ないらしい。
確かに、諦の字に「帝」が入ってるから、知らないとそうとしか読めない。
悪貨が良貨を駆逐した例の一つ、というと傲慢過ぎるかもしれないが、誤読が
一般化したという、まあそんな例の一つである。

もう少し身近な例では、「すいません」「すみません」というのもある。
口語はともかく文章上では「すみません」が正しい。「済まない」を丁寧に言った
ものが「済みません」だから、「すいません」だと語源がわからなくなる。
とはいえ、今では「すいません」が文章でも使われている例見ることは、最早日常的
である。この辺、ら抜き言葉と似たようなものだろうか。私はどちらにも否定的な立場
なのであるが、ここまで広まってしまうともう一個人としては出来ることは少ない。
いちいちひっかかる私は負け組(私の好きな作家でも、川上稔氏は「すいません」だし
「ら抜き」文章である。(私にとって)氏の、ほとんど唯一の瑕疵だと言って良い)

また近頃遭遇した例では「ハングル語」なる言葉がある。
ハングル(訓民正音)というのは文字の名称である。朝鮮語をハングル語と
呼ぶのは、日本語を「ひらがな語」。英語を「アルファベット(ローマ字)語」
というようなものだ。よって、ハングル語なる名称は存在せず、
韓国語、朝鮮語が正しい。

と思っていたんだが、実は違った。
日本(のメディア)独特のハングル語なる用語が存在していたのである。

これを知った時に思ったのは、「ふいんき(←なぜか変換できない)」
のネタだった。正しい知識だと思っていたら、実は一周回って間違いでした、
というやつだ。ここの1の人みたいに、半永久的に残る公共の場で
マジレスしてしまう事態には、これからも気をつけねばならない(笑) このページのトップへ
速度のユニバーサルデザイン黒須教授のUser Engineering Lecture

単車線以外の道路には走行車線と追越車線があることは、少なくとも運転免許を持っている人なら誰でも知っている。この区別がなかったら、遅い車と早い車が混在し、道路は車線変更と追い越しだらけでレースコースのような混乱状態になってしまうだろう。事故も多発するに違いない。その意味で、こうして車線を分けるというのは各ドライバーの必要性や状況、特性に対応した多様性に向けたデザインという意味で、結果的にユニバーサルデザインになっているということができる。

エスカレータでも立っている側と歩いて上る側を区別するようになったのはユニバーサルデザインの発想と同じである。こうした時、歩いて上る側で立ち止まってしまっている人がいると、それは後ろにつながる人々を不愉快にさせる。経験的に、多くの場合、そうしたことをしてしまうのは高齢者が多い。ユニバーサルデザインの実現には仕組みの設定も必要だが、人々の自覚も必要なのだ。高齢者は基本的には保護される側にいるから、他人に対する配慮をしなければいけないという感覚が鈍磨してしまったのかもしれない。いや、単に知識がないだけなのかもしれないが。こうした時には直後になってしまった人の責任もある。僕は、立ち止まった人が前にいると「すみません」と一声かけて脇にどいてもらう。せめて、そうしたことをすべきだと思っている。自分だけの問題ではなく、自分の後ろにつながっている人たちの問題でもあるし、そうした声掛けができるのは直後の人間しかいないのだから。

この文を読んで真っ先に思いついたのはこのコピペ↓。
アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない。NASAの科学者
たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費を
かけて研究を重ねた。 その結果ついに、無重力でも上下逆にしても
水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面
にでも書けるボールペンを開発した!!

一方ロシアは鉛筆を使った。  民族性コピペネタ


コピペは完全なカウンターにはなっていないが、要は私が何を言いたいのかというと、
急いでるなら階段使えよ」ということ。

関西と関東では空ける側が逆だとか。だから統一しろとか。そもそも空けないやつが
いるから徹底しろとか。その都度注意しろとか。こういう指摘は立脚点からいきなり
おかしいのである。

知らない人もいるかもしれないが、エスカレーターでは基本的に追い越しは禁止
である。 参照:社団法人 エレベータ協会:安全・快適にご利用ただくために
勿論、これは道路交通法の様な厳密なものではないが。

エスカレーターの片方を空けるのは使用している内に、自然と定着した形なのだろう。
しかしそれは安全性の保証がされていない行為、いわばメーカー保証外である。
エスカレーターはそのような乗り方をするように作られていない。やる側は
リスク覚悟ですべきであるし、それを拒否したとしても、どうこう言われる筋合いは
本来ない。

とはいえ、流れに合わせる、ということも重要なことなのは確かではある。
街中で制限速度を律儀に守っている車があるか? というのと似ている。
日常的には教習所で習ったとおりに走っているとかえって危ない。
って、これは大阪だけかもしれんw
そういえば、車では流石に信号無視は稀だが、歩行者の場合は普通な大阪では、
この意見は強い支持が得られるかもなぁ。

※大阪とその他の地域では、信号機の権威が、日米の野球の審判のそれと
同じくらいに違う。信号はあくまで指針の一つであり、赤信号だが車が来ていない
→渡ってよし、ってのが大阪のデフォ。これがお隣の京都に行くと、かなり控えめ。


まあエスカレーターの場合は、最初にも言ったとおり階段があるのだから急ぎたきゃ
そっち使えよ、で済む気もする。どうしても追い越しをしたいんなら、コピペの中の
米国を見習って多額の資金を使い、日本中のエスカレーターの幅をでっかくしたら、
あっさり解決。ワッフー。

と反論を言ったものの、リンク先の記事。↑の中にもある高齢者の自分以外に対する
配慮不足や、下の方の専用バスとかの話には賛成できる。例えば大阪の市バスで、
車椅子の人が乗車する際の手順は(付添の有無関わらず)こうである。
運転手が下車 → 車椅子を持ち上げ乗車 → 車椅子を固定 → 運転席に戻る
この手順には当然、数分を要する。急いでいる時に当たると悲劇だ。

これは明らかに過度の待遇であり、弊害が起きてしまっている。
コレに限らず、高齢&障害者即絶対正義みたいな雰囲気は勘弁して欲しいと思う。
一昔前に比べれば、バスならばノンステップバス(バス全体の段差が少ないので
乗降が容易)。電車や各種施設にも人に優しい仕組みの導入などで明らかに
利便性は上がっている。しかし機械が対応しても、人の対応・認識は依然、
イマイチ最適化がなされきっていない感が強い。


そんなわけでエスカレーターの件はともかく、平等な視点からの本当に快適な環境、
ルール、仕組を作ろうという意図自体は大賛成なので、今後とも黒須氏の活躍を
影ながら応援していきたいところだ。 このページのトップへ
掲示板で「知ったかぶり」ができる4つのコツ

適確だ、と思う。
何故なら、私が今までの人生で散々使って(実際に通用して)いるからw

つまり↑に書かれているテクニックの使用は、別にネット・掲示板に限らない。
むしろログが残らないという点で、リアルの方が使い勝手が良いとすらいえる。
ただし、上記の記事では例文に諧謔・皮肉が利きすぎておりオンオフ問わず、
あんな調子で使うと間違いなく失敗する。

世の中には「物知り」と呼ばれる人間が存在する。タイプは大きく分けて二つ。
本当に物知りな人。もう一つは、物知りだと思わせる話術が優れているタイプ、
である。上記の様なテクニックを効果的に使っているのがそちら。

とはいえ、物知りならば当然ごまかす方法にも詳しい場合が多いし。実際は
そんなに綺麗に見分けられるものではない。

また、志向で分けるのも中々に難しい。衒学趣味の知識をひけらかす事が
好きな人もいれば、知識を集めること自体が好きな人もいる。
前者の方が話術を尊ぶ性質がありそうに思えるが、衒学趣味であっても、
やはり知識を集めることそのものに、魅力を感じている人は多いだろう。

かくいう私も、知識をひけらかされるのも、ひけらかすのも大好きな人間だ。
新聞に載ってる、解らせる気が無い様なやたらと癖のある評論なんかも
解らなさがイイ」と楽しく読む。


そんなわけで、リアルで実際に使う場合どうするかを軽く書いてみる。
想定しているのも記事の様な議論の場ではなく、日常会話。友達とゆるーく
ダベっている時。合コンで自分が付いていけない話題になった時。あまり
親しくない人と話す必要があるとき、等。細かい所は各自で適当にアレンジ
推奨。これで君も、今日から物知り博士だ!(極寒)


・何でも1つの話題にこじつけて話す
>誰でも1つぐらいは何かについて意見を持っているはずだ

これは「誰でも一つくらいは詳しい分野があるはず」とも言える。
野球は知らなくてもサッカーには詳しい。東京は知らなくても大阪は詳しい。
J-Popは知らなくても、洋楽は詳しい。等々。そうであればもう話は簡単だ。
現在なされている自分の知らない話題の中から、自分の知ってるネタとの
共通点を見つけて、接続する。以上。

なんのことはない。話をずらす、という事。ずらしても、後に続くものが
ないと困る。ずらした後はより普遍的な、体験談で凌げるような話題に
持っていくのがいい。人は知ってることしか話せない。だから、いかに常に
自分が話せる話題をキープするかが重要なのだ。

凡例:
野球の話題になっている(チーム名とかわかんね('A`))

イチローの話題が出る(!('∀`))

「あのボールを背中で取るやつ凄いよね」(CMレベルの知識)

「サッカーのリフティングもそうだけど、簡単そうで中々出来ないよなー」
(話題ずらし)

「俺、昔サッカー部だったから、よく練習したけど全然無理」
(部活等、普遍的な話題へ)

または

「イチローは凄いけど、マリナーズは弱いねー」
(スポーツニュース見出しレベル)

「でも野球は降格が無いから、シーズン終盤退屈じゃない?」
(自分の持ちネタとクロスオーバー出来る話題へ)


・謎のコメント
これは別に掲示板でもリアルでも変わらないかも。ニュースで聴いた覚えの
ある知識でも、電車の吊り広告で見たネタでも、とにかく場に投下してみる。
間違っててもそれはそれで話は続く。細かい数字が間違っていても、
リアルなら「そうだっけ?」で済む。


・ネットジョークの拝借
これは検索と言い逃げが出来ないリアルでは使いにくい。
よしんば使ったとしても、皆が知っていて、なおかつセンスがよさそうな
言葉という選択が難しすぎる。内輪ならいいが、よく知らない人の場合
「なにこいつ」と思われかねない。お薦めしない


・シニカルな態度
>「何だと思ってたんだ?」という便利な言葉を覚えるだけでいい。

これもリアルで何回も使うと「何様?」とか思われる。
こんな高圧的な言い方ではなく、周りの人が「意外だった」と言っている話題に
「そうかなぁ?」とか適当に石ころを投げてみればいい。あるいは、一緒に
驚いてみせるのも重要。他の話題の時は話さず相槌で同意していると
見せかける。で二、三の話題で反発してみる。

凡例:
○○があんなことをするとは or あんなことになるなんて……。

「そう? 前にも□□なことがあったじゃん」
(周知のニュースや体験談を根拠にしてもいいし、出来るなら創作してもいいかも)


という風に、マニュアルにすると胡散臭くなるwのは常であるが。
誰もが、大なり小なり日常で無意識に行っていることだと思う。
意識すれば今までとは違った視点で、人の話を聴くことが出来るかもしれない。
ニュースでコメンテイターが、守備範囲外の時事ネタにコメントをふられ、
慌てて話をずらす光景なんかはよく見られるところだ。野球解説者なんかは
特に顕著。

とはいえ、どれもある程度は知識の裏打ちがないとただのウザキャラに
なりかねない。そこら辺の空気はその都度読んで頂きたい。
黙ってる方がマシという時も多々あるから。


最後に対処法というか、身近で↑のテクを使って調子乗ってる香具師がウザイ、
という人に。とにかくいちいち一つのことを徹底的に問い詰めてみる事だ。
話をずらして逃げようとするたびに。そこで素直に知らない、と言えるか
どうかをニヤニヤ(・∀・)しながら眺めよう。

なお、知らないことは別に恥ではないということも言っておく。
この世の全ての知識を100とすれば。この世で最も博学な人の知識すら
0.00000(死ぬまで言い続けた)1、にも満たないだろう。でもやっぱ、
知ってた方が格好イイ、というなら勉強すればいいだけの話。話術も知識も。 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。