snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

言わずと知れた、ファンタジー作品の傑作である同名の原作の映画化だ。

指輪物語、ゲド戦記と並べて三大ファンタジーとも称される。尤もこれは
歴史的な視点からの分類であって、純粋な人気投票(オールタイムベスト)
を行った場合、指輪物語は別格として、後の二作はベスト3とは行かない
と思われる(実際、これまた有名なファンタジー大作であるところの
「ベルガリアード物語」の外伝「銀狼の花嫁―魔術師ベルガラス〈1〉」
解説によると、アメリカのSF専門誌「ローカス」の1998年八月号に掲載された
「ファンタジイ・オールタイム・ベスト投票」(対象は1990年以前の作品)に於いて、
指輪物語は一位。その前章である「ホビットの冒険」が二位
「ゲド戦記」は四位ナルニアはベスト10に入っていない)。

ファンタジー作品の映画化については、「Lord Of The Ring(以下、指輪)」が
正に風穴を開けたという感じで。不可能と思われた数々の表現を見事に
克服してのけた。恐らく今後、かつてのアメコミ作品ラッシュのような、
ファンタジー作品ラッシュが起こるだろうといわれており、実際に権利を
抑える作業は既に其処此処で始まり、そして完了していることだろう。
その動きの先陣を切るのがこのナルニア国物語である。

原作ネームバリュー。配給はあのディズニー。ロケ地はニュージーランド。
主CGを手がけるのはWETAと、正に二匹目の泥鰌を狙う二番手を行くに相応しい。


が!!


私はこの作品を見に行く予定は無かった。
理由一:元々、原作への思い入れがあんまり無い。
理由二:原作の児童文学色が色濃い。しかも配給がディズニー。
理由三:ネット他の前評判の地味さ。

といったところからだ。しかし偶然、友人からの誘いがあったので
付き合うこととなった。本来は、

少佐「本当に見たい映画は一人で見ることにしてるの」
罵倒「じゃあ、それほど見たくない映画は?」
少佐「見ないわ」

に同意する私であるのだが、その友人は"話せる"人間であるのでまあいいか、と。

で、感想。以下の条件に該当しない人は見に行かない方が良いです。
・原作に強い思いいれがあり、かつ映像化されれば内容は問わない。
もしくは
・10歳~15歳である。

当初の予想の通り、あくまで子供向けなのである。悪い意味でおとぎばなし
「指輪」を期待すると酷い肩透かしを食らうので注意されたし。とにかく
全編突っ込みポインツの嵐。

描写不足と説明不足。故に、全編に渡って説得力が皆無
故に、感情移入出来ない。
(具体例についてはもろネタバレも含むので、下のリンクをクリックしてご覧下さい)
最も描かれているのは当然主人公の四人兄弟なのだが、ハリー・ポッターの
三人に比べるとイマイチ個性が薄いので、アイコンとして弱い。

ファンタジーチックなキャラクターや目を瞠る大規模戦闘。圧倒される絶景も、
今となってはそれほどの新鮮味は無い。

ハリー・ポッターも毎回ダイジェスト色が強いが……。
「指輪」の完成度の高さがどれだけ奇跡的なものかがよく理解できた。
まあ、「指輪」と違ってナルニアは一話完結型だから、一章で打ち切られても、
違和感は無いけどねw

しかし、散々に言ったがそれでも、↑に書いた年齢の人は絶対に見るべきだと思う。
「ここでは無いどこかに行きたい」「ヒーローになりたい」「剣と魔法の世界イイ!」
というその年頃に顕著な生物学的な欲求を、凄まじく満たしてくれるだろうから。
勿論、映画を見た後には原作を読むこともお薦めしておく。

ナルニアは萌え資源がやや不足しているので、
オタクの方が現実逃避の舞台として選ぶのにはお薦め出来ないw

【“ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ
桃の天然水がいつの間にか復活していた模様。
img_product.gif
8年前、華原朋美がヒューヒュー言ってたCMを憶えている人は多いだろう。
中身と関連性が感じられない妙なキャッチのCMというイメージに加えて。
小室との破局で華原が退いた後、当時ブレイクしたての浜崎あゆみが
後任を務め、時代の流れを感じさせたという点でも印象が深い。

今回は製品の復活と合わせて、CMも復活というコンセプトらしく、
再び華原朋美が起用。髪型とキャッチフレーズも前同様と、
今更感紙一重の展開を行っている。CM全体は、今流行りの倖田來未を
意識したのか、写真集での弾けぶりの延長か、やや露出が多目で男性の目を
惹かせる作り。

そんな中、CMを見かけた私が真っ先に注視したのが華原朋美の
ペットボトルの咥え方だ。

通常、ペットボトルを飲む場合は、飲み口の下側を唇で挟むようにする。
単純に生まれて初めてペットボトルを手に取った際などは、飲み口全体を
咥える様に飲もうとしてしまうが、その場合、一度に口の中に入る量を
調整するのが難しく。いやむしろ一口で飲むには多すぎる量が流れ込んで来て、
むせる。
極度に喉が渇いている時など、思わず洋ピンの女優さんばりにガッポリと
咥えてしまうが、結局上手く飲めないのでいつものやり方に戻る事が多い。

華原朋美はというと、以前のCMの際はその難しい飲み方をしていた。
深々と咥え込み、グビグビと。妄想力想像力逞しい男性なら思わず反応必至だった。
で、今回どうだろうと思っていると、ちょっとだけ上品になったものの、
喜ばしいことに飲み方は変わってなかった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

はっきりいって、心底どうでもいい……。
こんなオナ禁中の中学二年生が書いた様な記事を読ませてしまい
申し訳ありませんでした。深くお詫びゴリゴリorz

で、肝心の桃の天然水そのものについては、私は甘すぎて飲めなかったりするw
新CMは公式サイトで見られる このページのトップへ
といっても本格的なCM論ではなく、適当に気に入ったCMを紹介するというだけ
だけど……。

正直、凄い!、と唖然としたり関心したりするのでは、「NIKE」と「adidas」が
現状断突だろう。出演者が凄いというのは勿論だが、決してそれだけではない。
(実際、dietペプシのCMではシャラポワを起用しているが、面白くもなんとも
無い出来だ、ペプシのCMならペプシマンは勿論w グラディエイター編
(PINKとビヨンセとブリトニーが「We will rock you」をコロシアムで歌ってた
やつ)もヨカッタ。けどブリトニーは(声も外見も)可愛すぎてどう見ても剣闘士
じゃあなかったなw アギレラの方があってたかもしれん)

NIKEでいうなら、最近の「いつか 遊び がモノをいう。」シリーズ。関係の無い
ものにラベルをはっつけるというアイデアだが。ラベルのアイデア・センスのキレ
は抜群だし、映像のテンポがよく何度見ても楽しめる。

少し遡って、バスケの試合が椅子取りゲームに変わる、というのもあった。
リアルな試合から一転、意外性溢れる展開へ。先が楽しみになるCMだった。

名だたる名サッカー選手達が異質なコートで戦う、「スコーピオンK.O.」シリーズ
は伝説的だ。ピンボールよろしく狭いコートを、高速で跳ね回るボールに合わせて、
短い時間にこれでもかと、世界最高峰のある種曲芸的なテクニックが披露される。
しかしそれだけではなく、毎度捻りのある締めもあり。大きなストーリーの流れも
ちゃんと存在していた。レベルの高いナイキCMの中でも最高クラスの出来だったと
今でも思う。


もう一方の雄adidasは、絶賛放映中の「オレによこせ」。静かな風景から、
突如有名サッカー選手達が互いに激しくボールを奪い合う全く違った状況へ。
クラマックスは靄の中のに浮かぶ色彩、押し寄せる多人数の猛烈なエネルギー
など、思わず、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」を彷彿してしまった
(七月革命を描いた絵という事で教科書に必ず掲載されている程有名な絵だから、
多分意図したものだろうなぁ)。嵐の様に現れて去って行く。その展開によって
強弱される音楽も絶妙。作中の一般人同様、何度みても呆然となる。

http://www.adidas.com/campaigns/f50+/content/TVC/global_60.swf


逆に、チープなやつならこれが一番。
ホットペッパーの一連のシリーズはもう毎回、完成度が高くて(?)
本当に笑わせられる。シュール系のギャグが好きな人ならたまらない
ものがあると思う。

知らない人に説明すると(上のを見れば大体わかるだろうけど)、
映像と音声のミスマッチという手法を使っていて。遊びで、漫画の吹出しの中身を
変えるというのがあるが、それと同じ類。(主に)映画の場面を切り取って全然
違う吹き替えを入れる。

大阪ではよく、落語家が集まるネタ番組なんかでやってるけど、
これだけ面白いの、しかも十五秒で!、はほとんど無い。チープなだけに逆に、
CM製作者のセンスを感じさせる。

最新の「まだ伴奏」篇(はサリエリとモーツァルトだろうか?)は
過去トップクラスの面白さだし、まだまだとどまる所を知らないようだ。
上のページにはないが、ホラー映画にホットドッグを食べた食べてないの会話を
つけたやつも面白かったなぁ。


他では、カップヌードルの「NO BORDER」シリーズ。
短い時間にもかかわらず、のめり込ませるだけの映像の説得力と、テーマ性と
ドラマを感じさせる深みがある。はったりっぽいといえばそういえなくも
ないけどね。
とはいえ、「are you hungry?」等で快調にはっちゃけてた頃の、
よきCMが戻ってきた希ガス。 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。