snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
前二回はいずれも、既にプレミアムが出ていた品をリーズナブルに入手出来た、
という内容であった。
しかし今回は、当時普通に入手した物が後々価値が高騰したパターンである。

Lost Renaissance

そんなわけでMinstreliXの「Lost Renaissance」である。上記リンクの内容は
本当に同意できる事しか書いていない。真っ白な公式サイトにあるリンクから
Thirst For...」を聴いた時の衝撃は凄かった。その後、いよいよ待ちに待った
CDが出ると知って即入手したのがこれだ。簡単にレビューすると、

――――――――――――――――――――――――――――――――

・「Prelude」 00:49
この手のジャンルではお馴染みのインストイントロ。

・「Sky Flame」 04:49
何回聴いてもイントロで即死。私としては「Thirst For...」を超える名曲。
反則級な程のクサメタル。ギアチェンジで加速するギターソロも熱い。

・「Lost Sanctuary」 04:46
意外な低音からスタートする曲。オペラチックで芝居がかった歌い方が特徴的。
メインリフの雰囲気が結構ラルクの「浸食」に似ている(ラストでは歌い方まで
hydeっぽくw
そんなAメロBメロを過ぎるとサビで少し解放、大サビで一気にクサメロが炸裂。
高音も冴えまくる。

・「Farewell」05:39
民謡風イントロで開始。イントロ途中から爆走。Cメロの笛で軽くイきかけるが、
その後のサビも問答無用の悶絶級。ラストは前曲同様サビが転調する
メロスパー殺しの仕様。


御覧の通り、大充実のアルバムで御座りまする。曲数は少ないが捨て曲は
無いし全曲疾走だし。まったくもって、お値段以上。お腹一杯。

――――――――――――――――――――――――――――――――

その後、Vo.の脱退に驚き悲しみ。後任が外人女性というのでさらに驚き。
(さらにまさかカラオケで生歌を拝聴する機会に恵まれるとは思わなかったなあ)
と色々あったが活躍は上記の通り。個性の違うVo.にて新たな魅力を発揮している。
上の楽曲の現Vo.バージョンはReflectionsで聴く事が出来る。
新Thirst For...(Youtube)
 公式サイト

耳が肥えたり、シーンの流れだったりといった問題もあるが、
これからもあの時の様な衝撃的な出会いを何度も味わいたいものである。
いや、いい曲に出会えたら有名無名はどうでもいいんだけどね。
スポンサーサイト
このページのトップへ
前作「Keeper Of The Seven Keys - The Legacy(守護神伝 -新章-)」の
有無を言わせない完成度によって、世界中のキーパー厨を黙らせることに
成功したジャーマンメタルの雄 HELLOWEEN。
キーパーの呪縛から解き放たれ、キャリア20周年を迎えた彼らが送り出す、
次なるアルバム、それは……

「Gambling With The Devil」
Freeway by.User
・ 2520円(税込)
・ ビクターエンタテインメント
・ 2007年10月24日発売済


現在、世界中でメロディック・メタルの再評価・再発見が行われている。
それはあのメロディック・メタル不毛の地アメリカですらも例外ではない。
またMySpace では最近、音楽スタイルの表現として、"HELLOWEEN"
という言葉が使われる事もあるという。

そんな機運とも合致し、前作「守護神伝 -新章-」は世界中で高い評価を受け、
ライブツアーは実に34カ国93回にも及んだ。その模様は今年、DVDとしても発売されている。

(日本はともかく)欧州では、新興勢力に押されて、現在進行形のバンドとしては
存在を見失われかけていたバンドは、見事にシーンの中心へと再び、復活を果たした
のである。

とはいえ、皮肉な事だがそんな名盤の次ほど難しいものはない。
前作の成功がそのままプレッシャーとなるからだ(卑近な例だが、大吉を引いた
次の年のおみくじを想像してみようw)。また物理的にも、長期のライブによって
時間的制約が増すということがある。

しかし彼らは、 後者に関しては、「ヴァーチャル・プロダクション」という手法を用い、
制作活動を飛躍的に効率化することで。
前者の問題は、「Keeper ~3」を常に望まれることに対する、ある種の理不尽な
重圧から解放されたこと。そして何より、バンド内の極めて良好な人間関係から
生まれる余裕とケミストリーによって、あっさりと乗り越えてしまった。

ギターハーモニーでは、特にそれが顕著に感じられる。アルバム全編に渡る
練り込みと若々しいアグレッシブさは、とてもベテランバンドとは思えない。
良い意味で、初期のカイ在籍時の風を強く感じさせる。

呼吸が詰まる程に濃密な、緊張感に満ちたアルバムであった前作に対して、
今作は奔放で自由で弾ける様な勢いが感じられる。コンポーザー達が各々の
個性を活かした楽曲を披露してくれている。またライブ中から曲のアイデアを
集め始めた事も関係するのか、非常にライブ生えしそうな曲も多い。
らしさを残しつつも、常に多様で新鮮なHELLOWEENの音楽がここにはある。
HELLOWEENの新たなる黄金期を確信させる作品だ。

一方、作品のテーマやそれに伴う歌詞については、前作の延長線上にあり、
極めて重々しいものが大半である。
その中でもハイライトはやはり中盤のアンディによる三部作(トリロジー)であろう。
どの曲もそれほど長くはないが、それでいて一筋縄ではいかない曲ばかり。
ファンタジーを絡めつつも生々しく容赦の無い歌詞も併せて、正に渾身の大曲といえる。
なおこの三曲は、システム的にも曲間無しで続いて聴こえる仕様になっている。


今作が中弛みしないのは、真ん中をこの三曲がどっしりと押さえている事もある筈。
スピード・メタルでこの三部作を挟むという構成は、なかなか巧妙で憎い。


因みに、今作を「Better Than Raw」に擬える発言を、B!誌を始めいくつか
見かけたがあながち的外れでもない様に思う。別にそれは、単に二曲目にブルータルな曲があるから、というだけの理由ではない。

HELLOWEENを代表するアルバムといえば(諸説あるのは承知だが)
「Keeper Of The Seven Keys」「The Time of The Oath
「Keeper Of The Seven Keys - The Legacy」の三作だろう。
いずれもライブ盤が出されているし、各バンドラインナップの頂点といえる作品だ。
「ベタザン」と「GWTD」は、それと同一メンバーで作られた次の作品という
共通点があるのだ。

今回のアルバムはイマイチ地味な印象だった「BTR」以上に受け入れられるのか。
是非とも、そうなって欲しいものである。


他に特筆すべきは装丁。HELLOWEEN歴代の中では最も良かった 「Dark Ride」に
匹敵するものだと思う。表面は立体感のあるデジパック仕様。開くと一頁ずつに、
曲を象徴した絵が載ったカードが数種類描かれている(守護神の札も)。
CDはルーレットを模したものとなっており、その下の台座にはサイコロが四つ
描かれている(ご想像の通り、6,6,6,カボチャ、だw)。
DRの絵も色彩もシンプルで迫力のあるジャケ・ブックレットの絵・写真も良かったが、
今回のも統一感があって中々良い。



評価は文句なしの即買え!

公式サイトではアンディによる楽曲解説等も見ることが出来る。

スルー > 待ち > 普通 > イイ! > 満足 > 悶絶 > ネ申降臨
曲名 評価 コメント

タイプ

1
Crack The Riddle
0:58
-

Saxon のVo. Biff Byford がゲスト出演。
前半は遊園地の様な楽しげな効果音が鳴る中、店員(?)が呼び込みをしている。

後半はナレーションもSEもおどろおどろしいものへと変わり、聴くものを悪魔とのギャンブルに誘う。 そしてルーレットが回される……!

-

2.
Kill It
4:14
満足 ルーレットの効果音と重なるようにイントロが始まる演出はイカス。
曲は「Push」「Liar」の系譜に連なる、ブルータルナンバー。なんとアンディの作曲。

上記の二作で見られた以上に強烈な歌唱と、それでいてキャッチーなメロも耳を惹く。
Kill It, Kill It, Kill It!!」
ああ、ライブで合唱してえ。
即効
3.
The Saints
7:06

ネ申降臨

聖メタル。正に昇天ものの名曲。イントロからアウトロまで全て聴き所と言っても過言ではない。

7分の内、実に約2分がギターソロw ギターワークの素晴しさが際立つ今アルバム中でも、この曲は突出している。

個人的にアウトロは後一分位ずっと聴いていたかったw
即効
4.
As Long As I Fall
3:42
イイ! シングル曲。「If I Could Fly」風のピアノイントロからbridge まではゆるゆると進み、chorusで一気に弾ける。 スルメ
5.
Paint A New World
4:27
悶絶 サシャによるネオ・ジャーマンメタル。強烈なスピードと(2.程ではないが)ブルータルさ。 とにかく滅茶苦茶カッコイイ曲だ。

ギターもイントロからツインで押し押し。ソロパートでそのフレーズが戻ってきた時の興奮たるや……。

そして最後の、綺麗に締めた所をブチ壊すというアイデアは、間違いなくヴァイキーのものだろうw
即効
6.
Final Fortune
4:46
イイ! 巷ではやたら人気があるようだけど、個人的にはそれほどでもなかったり。

サビでもう一段階盛り上がってくれればなあ。
とはいえ、良い曲なのは間違いない。

即効
7.
THe Bells Of The 7 Hells
5:22
満足 前作の「Occasion Avenue」をぎゅっと凝縮したような曲。

初聴時に一番衝撃を受けたのはこの曲だったかも。アンディらしく一捻りがあるけど、キャッチーという曲。
即効
8.
Fallen To Pieces
5:53
悶絶 Queenの「Bohemian Rhapsody」を彷彿とさせるややシアトリカルなパワーバラード。
変態的な曲展開による没入感はかなりのもの。サビメロの哀愁は流石としかいいようが無い。
普通
9.
I.M.E
3:46
イイ! アンディ十八番のハードロックナンバー。三部作最後ということで、 悩みを振り払う様な力強い印象。
風変わりなギターソロも耳を惹く。
普通
10.
Can Do It
4:30
満足 まるで学園ドラマの主題歌の如く。異常に爽やかで明るいw  曲調も歌詞も底抜けで、重い内容が多い本作ではある意味浮いている。

トリロジーの直後ということからも、 「Dr.Stein」や「Mrs.God」の様に、聴き手を引き上げる役割の曲だろう。
即効
11.
Dreambound
5:57

満足

グラポウが作りそうな、インギーっぽいギター・オリエンテッドな一曲。とにかく弾きまくり。

普通

12.
Heaven Tells No Lies
7:00
満足 6.よりもこちらの方が好み。イントロからもうクライマックスw 哀愁のクサメロをまきちらす疾走曲。

Chorusの盛り上がりと静かに余韻を残していくアウトロは、アルバムラストを飾るに相応しい。
 
13.
We Unite(Bonus)
4:34
イイ! マーカスの曲。ボートラとはいえ、クオリティは高い。 普通に聴き所のある曲だが、6. 12.とマーカス作のスピードメタルが三曲目(シングルも含めると四曲目)ということもあり、 少々満腹感を感じないでもない。   
このページのトップへ
ジャーマンメタルの大御所 HELLOWEEN の2年ぶりの新作がいよいよ
間近に迫ってきた。スケジュールとしては……
9月27日にシングルの「As Long As I Fall」が先行発売。
AS LONG AS I FALL

リンク先で収録曲のサンプルが聴けるが、どちらも中々。
まず耳を惹くのはタイトルトラックではなく、間違いなくカップリング
「Find My Freedom」だろうw

「Mr.Torture」のカップリング「Deliver Us from Temptation」。
「Just A Little Sign」のカップリング「Far Away」。
「Mrs.God」のカップリング「My Life For One More Day」(これは
アルバムにも収録された)。

上記の三曲に続いて、カップリング職人マーカスwの本領発揮の作品。
「My Life For One More Day」を彷彿させる哀愁疾走でいきなり、悶絶。

一方、アンディによるタイトルトラック。これまた前作「Mrs.God」同様、
毎度早とちりな人に「HELLOWEEN終わったな」と叩かれそうな一曲w 
正直にいうと私も一回目はパッとしなかったが、三回聴いたらもう虜である。
アンディお得意のアメリカン・ロック風味の爽やかさ。気持ちよく聴ける一曲だ。


そして本命、新アルバム「Gambling With The Devil」は、当初の予定
(前作と同じHALLOWEENの日(31日))よりも一週間早まり、10月24日
発売される(どうでもいいけど、ジャケの手前のキャラ、アンディに激似w)。
Gambling With The Devil


重度オタとしてはシングルのサンプルにやられつつ。
アルバムのトラックリストの曲名にニヤニヤしていたわけだが。今日、2ちゃんのスレ
覗いてみると……、どうやら音源の一部が流出してしまった模様。
このこと自体は極めて最低であり、悲しいことなのは断じて異論の余地はない。
それは前提として。

HELLOWEENスレに常駐している様な(=日常に異変が起きない限り、
新譜は必ず買う)人間にとっては、楽しい話題の提供ではある。
しかも通常、発売前は荒れるのがお約束のスレが良い方向で盛り上がっている。
これは前作「守護神伝 新章」発売前、「King For A 1000 Years」の音源が
うpされた時と被る。私も感動の余り、友人にメールを送ってしまったのを憶えているw

私も、キャプテン・ロックが終わり、新譜の音源をどこで聴こうか困っていたので、
渡りに船と早速、ヴァイキー作曲の三曲目をワンコーラスだけ聴いた
(指輪、ベタザン、兎、新章の三曲目はいずれもヴァイキーの名曲だ。これ豆知識な)。

「The Saints」
ttp://jp.youtube.com/watch?v=-CTa-GItaA4


今更だが、タイトルが狂っている理由がお分かりいただけただろうか?w
上に張ったHELLOWEENスレ(520から)には、他の音源へのリンクとその感想も
上がっている。気になる方はそちらを見て欲しい。


HELLOWEENは前作において「守護神伝」、というある意味での伝家の宝刀を
抜いてしまった。それは高い評価を得たわけだが、「次どうすんの?」というのは
誰しも頭の片隅をかすめたはず。傑作の後に傑作を出すのは相当に難しい
そんな空気でのこの一枚である(まだほとんど聴いてないけどw)。

キャリア20周年とはいえ、若い人財を二人も引き入れたHELLOWEENには、
そんな懸念は全く関係なかったのかもしれない。いやはや来月が楽しみである。 このページのトップへ
公式サイト

音源はMySpaceで4曲がフルで聴ける。
どれもたまらないものがあるが、注目は二曲目の「Forever Unbound」だろう。

マクロな視点で見るとその音楽性は正に、DragonForce + Helloween。
ミクロな視点で見るとそのメロディは、ドラフォの「Valley Of The Damned」
で始まってHelloweenの「Eagle Fly Free」で終わるw

三曲目の「No Chances Lost」はドラフォにキスケ風味(厳密に言うと
キスケっぽく歌うトビアス風w)の歌唱を乗っけた感じ。
四曲目の「Seen Through Time」の展開のある、弾けるギターソロは
かなり格好イイ。

とはいえ、この四曲だけでも随所にパクリッシュ・フレーズが現出している
あたり、まだまだ若いバンド、という感じだけど……。

驚くべきはなんといっても──タイトルで既にネタバレしているが、
このバンドがアメリカ発ということだろう。最近ではメタルコアバンドの
AVENGED SEVENFOLD」がメロスピ的な音楽性を取り込んで、
話題となっているが、この「Cellador」はさらに強烈だ。楽曲だけを聴いて
米国のバンドだとは誰も思うまい。

長きに渡ってメロスピ不毛の地であった米国でも、この手の音楽が
ついに日の目を見る瞬間が近付いてきたのかもしれない。 このページのトップへ
スウェーデンを拠点としている、男女それぞれ二人ずつの四人組バンド── User of a common nameの2ndアルバム「Freeway」。
Freeway by.User
・ 2415円
・ スーパーソニック
・ 2006年03月29日発売済

 

いきなり矛盾した物言いとなるが、このバンドの音楽性をヘヴィメタルと
形容するのには若干の戸惑いがある。敢えて言うと激しめのパワーポップ
だろうか。とはいえ、そもそもこのバンドを知るきっかけはBurrn!誌であったので
このカテゴリとしてみた。

 

バンドの紹介については発売元のサイトを参照。
音源は公式サイトにて公開されているビデオにてフルで聴く(見る)ことが出来る。
お薦めは1st「User」からの「Do You(http://www.useroacn.com/media/do_you.wmv)」と
2nd「Freeway」からの「Miss Wanted(http://www.useroacn.com/media/miss_wanted.wmv)」。

 

このバンドのウリはというと、まずはなんといってもVo.リンダの可愛すぎる歌声
だろう。ネットレビューでも多くの人がまずその点に触れているが、私も大いに
同意する。当blogに於いてキュートヴォイスといえば、それ即ちブリトニー・スピアーズ
なのであるが、勝るとも劣らない。「Miss Wanted」のサビの最後などで見られる
語尾のセクシーな歌い方等には、共通点も感じる。とてもとても素晴しい。

 

もう一つのウリは楽曲の質の高さ。北欧のバンドらしい日本人好みの哀愁が
たっぷり乗った楽曲は、総じて好感触。だが、それだけなら特筆すべきことではない。
ここからがポイントなのだが、何故かこのバンドの作るメロディには、日本の
80年代の歌謡曲に非常に近いニュアンスがある
のだ。

 

そういったメロディセンスを芯に持ちつつも、楽曲の幅は広い。
気持ちのいい疾走感を持った曲あり。
マリオン・レイヴンジュエル・キルヒャーの様な"大人ロック"もあり。
弦楽を用いた壮大なスケールを感じさせるバラードあり。
完璧ヘヴィメタルな重いリフを持った曲あり。

 

ただ、構成の偏りのせいかイマイチそれを活かしきれていないところが、
無きにしも非ずなのが残念。前作はそうであったのだが、後半にもう一つ、
勢いのある曲が 欲しい気がする。最もこれはメンバーが意図的に
行っているかもしれず、 欠点とは言い切れないのではあるが。
しかし曲単位での不満は無い。

 

初めて聴く人は安いし、1stから聴いてみるのがいいかもしれない。
というわけでこの盤は、OK。

 

あ、上の紹介サイトの通り、東京と大阪で7月にライブがあるんで、 そっちも注目。
メンバーは全員、結構ルックスもいいので眼福がてらにでもどうでしょう?
私は勿論、既に入手済みだw

 

曲名 評価 コメント

タイプ

1
Don't Stop Loving Me
3:19
悶絶

アルバムの開始に相応しい、軽快な疾走曲。

即効

2.
I Will Get Over You
3:27
イイ! アップテンポなロックナンバー。変わらず良いメロディだ。 普通
3.
Miss Wanted
4:01

悶絶

リンダの魅力が存分に味わえる一曲。 即効
4.
St Denise
6:02
普通 スタンダードなロック。 普通
5.
I Believe
3:48
イイ! 今までのとは打って変わったヘヴィなギターがポイント。手触りは違うが、メロディ自体はキャッチー、こういうのも格好よくてイイ。 普通
6.
Freeway
7:17
悶絶 タイトルトラックの名に恥じない、壮大なスケールを感じさせる美しいバラード。
曲の半分がインストパートという展開だが、終始耳を惹くパートが連続する。

ケイト・ブッシュの「嵐が丘」を彷彿とさせるところもあったり。

スルメ
7.
Move On Boy
4:37
イイ! アメリカンなガールズ・ロックのテイストが色濃い一曲 普通
8.
Someone
3:14
イイ! 弦楽とキーボードのシンプルな音のみをバックに歌う静かな曲。voの歌声が特徴的だとこういう曲が栄える。 普通
9.
Run Away
3:49
普通 5.と同じく重めの曲。手拍子から徐々に楽器が増えたり、減ったりするのが面白い。 普通
10.
If It MakesYou Feel Good
3:53
イイ! 美しいメロディのバラード。 普通
11.
Lee Ann
4:09
普通 シリアスで洗練されたロック。4.と同系統かな。 普通
12.
A Window's Grief
7:27
満足 バッキングから歌メロまで、まるで演歌の様な切々とした音・展開を見せるバラード。素晴しい哀愁。 普通
13.
Perfect day Elise
2:57

-

英国の女性ロッカー、PJハーヴェイのカバー(原曲は知らない)。

かなりゴリゴリしたギターサウンドと、エフェクトでぼやけさせたボーカルが聴ける。

普通

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。