snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「SNS。その存在」
インターネット全体を図書館の様な情報の集積と捉えるならば、
Social Networking Service(以下、SNS)というのはやや
扱い辛い存在である。言うまでも無く、その閉鎖性故に。

掲示板やblogに記された情報は、検索やリンクを通じて
アドレスを入手した誰でもが共有できる。対して、SNSのそれは
基本的に大多数の閲覧者にとって、触れ得ない所に存在している。
例えばあるサイトに情報源として、SNS内のページのアドレスが
貼られているとする。しかし、そのSNSに無関係な人にとっては
それはソース足りえない。

これは、リンク先の情報が例えば、専門機関のまとめによる
極めて高度な内容だったり。書かれている言語が外国語だったり。
2ちゃんねる等に見られる、ジャーゴンが鏤められて解読困難で
あったりすることとは次元が違う。そもそも閲覧出来ないのだから。

情報取得を段階に分けると、
対象ページに向かう → 情報を得る → 解読する → 理解する
という過程を踏むが。現実の図書館ならば本を扱っておらず、
二段階に行けないことはあるが、基本的にインターネット上では
そういうことはおきにくい※1。
が、SNSは人為的にそういう情報を作り出す。

インターネットは自由で垣根の無いメディアである
この認識は正しい。しかし、それは元々そういう特性を
有していたからそうなのではない。「それを意図して作られたから」、だ。
最早、ネットが完全に動き出した今でも、規制しようしようという意志は
そこかしこで蠢いている。
「世界で最も高度な情報統制を行っている」──中共にはGoogle、
Yohoo、MicroSoftといった世界的な企業が、協力しているのは
周知である※2
(市場主義ではあっても自由主義とは言えない行為だが……)。


さらに、ジャンルの衰退というのはタコツボ化することによって起こる、
ということもある。
かつては日本でも、短期間ながらSFが繁栄を誇った時代があった。
しかし、次第に評論家を含むファン達は発売される作品に対して、
「これはSFだ」「これは違う」と排他的な姿勢をとり始めた。※3

余計な権威が発生し、マニアック化、マンネリ化が進む。
周りの者はそれに対して漠然と「なんか難しそう」という印象を持ち、
敬遠する。新陳代謝が行われなくなれば、活力は失われる。

大きな括りで捉えれば、現在でもSFだろうと思われる作品は多い。
しかし、それら商業物の宣伝の際、SFという言葉が使われることはない。
"売れないから"だそうだ※4。
老若男女がSFと聴くだけで興味を失くす。
でも、「スター・ウォーズ(以下「SW」)」だといわれると皆見に行く※5。

「SW」が歴史的作品であり、例外だというなら
「インデペンデンス・デイ」(97年「もののけ姫に次いで2位」)
「ディープ・インパクト」(98年3位)、
「アルマゲドン」「マトリックス」(99年「SW」を挟んで1、3位。
つまりSF系で123フィニッシュ)も挙げておく。内容ではない
ということの証左だろう。

かつてはゲーム機の売上を左右した程の人気ジャンルだったSTG
FCの「ゼビウス」、SFCの「グラディウスⅢ」はキラーソフトと呼ばれていた。
ビートマニア、ダンスダンスレボリューションでブレイクした音ゲー
専用コントローラーは入手困難。類似ソフトの訴訟問題まで起きたが、
その隆盛は見る影も無い……。


現在のネット環境が、いかに恵まれた環境。あるいは理想的な
好条件が構築されているか、リアルタイムに体験しているが故に、
多くの人にとっては感じられないのかもしれない。
そういったものが、SNSの普及によってさらに進んでしまうという
懸念が私にはある。SNSはよく、かつてのパソコン通信に例えられる。
インターネットというOS上にパソコン通信がエミュレーションされている
ともいえるかもしれない。媒体の段階としては一段落ちるものが、
今俄かに盛り上がっている。監視や垣根といったものを、
自ら選ぼうとしているかに見える。聖書の有名な一節がある。

マタイによる福音書第7章 13節~14節
「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、
そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、
その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

現代では、滅びに通じる門こそ閉じていて狭い
にも拘らず、広々とした救いの道を選べないのは……、
それはまたここでは語りきれない話なのであろう。

と、まあ深刻に考える一方で、新しいもの好きのネットユーザーが
今目を付けているのがSNSというだけ、という気もしないでもない。
ほんの少し前、blogに大騒ぎしていた連中が、それをすっかり
放り出してmixiに入れ込んでいるのを見ると、そう思ってホッとする。



※1
ページが削除されたら、という意見もあるかもしれないが、
ネットの特性の一つとして、高い保存性というものもある。
ミラーサイトは勿論、検索サイトやInternet Archive Wayback Machine
のキャッシュを使えば、不完全ではあっても、まず目当ての
情報にたどり着ける。


※2
仏メディア監視団体:「ヤフーがジャーナリスト逮捕に協力」 - CNET Japan

マイクロソフト、中国人記者のブログをMSN Spacesから削除

国境なき記者団がヤフーとグーグルを非難「中国のインターネット検閲に加担している」
「インターネット実名制」導入の可否で揺れる韓国、サイバー暴力への対応案


※3
SFである、ない論争

※4
聖母の部隊(酒見 賢一)ハルキ文庫 あとがき

※5
「私的」エンタメ!映画&スポーツ/年間興行収入




昔書いた文章を発掘してみた。案の定というか、
まあ予想通り一過性だったなあ。オフ会とか出会いとか
そういう需要でじっくり今も動いてはいるようだけど。

閉鎖性と馴れ合いやすさがウリだったけど、当たり前の話、
ネット上である以上、完全な閉鎖空間なわけはなく。
それでいてやってることはblogとかわらんわけで。
「コピペされたら一緒」とか「ログインにしろ、足跡にしろ
面倒くさい、煩わしい」っていう流れになるのは当然か。
スポンサーサイト
このページのトップへ
ある物事に於ける発祥の地と発展の地が違うということは、
歴史的に見ても少ないことではない。

例えば、茶というものが生まれたのは宋代の中国といわれている。
しかし、程無く中国ではその文化は消滅。一方、日本では
ご存知の通り、茶道が一つの文化として大成し、茶といえば日本と
認識されるまでになっている。

現代でもそういった例はあり、今回採り上げるアスキーアート
──所謂AAもその一つだ。生まれたのはアメリカ。
エモーティコン( emoticon)やスマイリー( smiley)と呼ばれるものが
それに当たる。下がその一例だ(時計回りに90度傾けて見る。

:-)
:-p
B-)

顔文字 - Wikipedia

さて、驚いた方も多いのではなかろうか?
その余りの表情の豊かさに……。

我々がネットをしていて何気なく見かけ、使用している顔文字が。
マルチバイト環境がフル活用された日本の多種多様なアスキーアート群が
いかに物凄いものかが、よく解っていただけると思う。

日本でAAが革命的な変化・進化を遂げた理由としては、
第一には日本語──マルチバイトの環境があるだろう。
使える文字数が圧倒的に多く、絵が作りやすい。想像力が
刺激される余地がある
。というのがまずある。

しかし、それだけでは無い。マルチバイト環境だけならば、
中国にも台湾にも、韓国にもある。韓国など、国策でばら撒いたお陰で、
日本よりも早くにブロードバンド環境を整備したような国である。

逆もいえる。日本には半バイトのみで描かれたAAも多く存在する。
非2ch的な顔文字はほとんどがそうだし、2ch等で多く用いられる
"orz OTL"など、26文字のアルファベット中の3文字を並べただけだ。
アルファベットを使用する誰が作ってもおかしくない、
しかし生まれたのは日本だ。

それらの国に無くて、日本にあるもの。それはマンガ文化に象徴される
"高度なディフォルメの感性"であろう。独特の様式で
記号化された絵を日常的に摂取している日本人こそ、AAを発展させる
格好の土壌であったのだ。

あまりにも溶け込み過ぎていて、我々は自身でも気付いていないが、
マンガが読めるというのは一つの技能である
例えば(^-^)や(^^)という顔文字。半バイト文字のみでつくられている
作りも意味もシンプルなものだ。しかし、海外の人はこれが何か
さっぱりわからない。線人間だけで描かれた動きのあるAAなんて、
マンガ技術の使いたおしであり、当然読めない。

欧米のオタク達がこの日本式AAをどう捉えているのか、
マンガ・アニメが好きなら、意味に気付けば余程喜ぶのではないか?
とも思うが、ほとんど知られていないのが実情のようである。
何故かは明白で、欧米のPCには日本語OSの環境はないからである。
しかしFLASHという手段を通して、日本のAA文化に触れている
一部の本当にマニアックなオタク達はいる。英国のウェブロガー、
Fraser氏もその一人である。

彼は、モナーの描かれたTシャツやマグカップを 心の底から
欲しいと願っているそうだ。彼は言う。「モナーは本当にCoolだ」 と。
彼をはじめとする、世界中の奇妙なサイトを貪欲に探し求める
ブロガー達の一人が、その過程で、日本のAAを利用して作られた
FLASHを発見したことがあった。大喜びで自身のブログで紹介した所、
そういったブロガー達の間で同種のFLASHがブームになったという。

彼らは当然、2ちゃんねる文化どころか、背景となる日本文化
そのものを知らない
。しかしそれが何なのかはわからない。
わからないからこそ、余計に面白いと 感じるという面もあるらしく。
海外のネットユーザーたちは、それらを純粋に
"不条理で面白いもの
"として享受しているという。

Fraser氏はFLASHだけでは飽き足らず、複数の日本人に
アスキーアートに関するアンケートを行い、モナーの歴史
というページを作り上げた。さらには当の日本人にすら理解しがたいほど、
ジャーゴニズムが色濃い2ch文化の元で作られているFLASHから、
必死にその意味を汲み取ろうとすらしているという。

こういった事を行っている人たちは、まだまだ、非常に
アンダーグラウンドなレヴェルでしか存在していない。それでも、
こういう動きは日本人として非常に誇らしい。日本式AAの秘めたる実力が、
マンガ文化と並ぶものとして評価される日がくれば。
もしかすると将来は、世界中のパソコンで日本式AAが普通に
使えるようになっているかもしれない。


参考サイト:
itmedia News:モナーはFlashに乗って海を渡る
今日は何の日 ~顔文字~ / 浮遊雲日記
Passion For The Future: 2ちゃんねる風の絵文字作成を支援するAscii Art Editorと文字絵考
このページのトップへ
楽天が9回に逆転され追いつき10回サヨナラ勝ち!楽天5x-4ヤクルト[5/23]

177 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2007/05/23(水) 22:35:17 ID:QQBf56V50
14勝 ヤクルト
12勝 白鵬
11勝 朝青龍
10勝 千代大海、琴光喜、朝赤龍、出島、普天王


このページのトップへ
ニコニコ動画

平たくというと、YouTubeの動画で疑似実況が楽しめるサービスである。
ただ単に動画内に無意味ともいえるコメントが表示されるだけなのだが、
これがもう元の動画とは比較にならない面白さ

最初は意味がわからないかもしれない。実際、動画自体は見難くなる
楽しみ方がわかるとそんなことはどうでもよくなる。2chの実況板に行った
事がある人ならわかると思うが、要は趣味の合う友達とダベりながらテレビを
見ている感覚
。しかもテレビと違って、ネット動画の場合は基本的に
見たいものを見ているので、これはもう面白くない筈がない。

ここ数日はもうずうーっとFC、SFCの神動画観賞に入り浸り。
驚くのは曲がいちいち名曲だらけだということ。勿論、多大なる思い出補正が
懸かっているのは間違いないのだろうけど。でもやっぱいいもんはいいw

特にスーパードンキーコングキング・クルールのテーマ(22分15秒辺りから)
は久しぶりに聴いたが、今聴いても、普通に生涯オールジャンルベストで
上位に食い込む素晴しさだった……。


オリジナルを改良する日本人のセンスは改めて凄いな、と感じますた。 このページのトップへ
「夜の」をつけて卑猥な雰囲気を醸し出すスレ
単純なネタスレなんだけど、地味に上手くて面白かったので採り上げてみる
("醸し出す"という用語選択も粋だ)。

7 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2006/12/07(木) 20:08:00 ID:rXX2HCYpO
夜の大坪元雄

49 名前:p[] 投稿日:2006/12/07(木) 20:32:56 ID:zKmaJ+tL0
夜の差しかえし

67 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2006/12/07(木) 20:54:11 ID:03aDWv040
夜の上がり3F

74 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2006/12/07(木) 20:57:13 ID:EFJkd/sA0
夜の季節にサクラが満開

75 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2006/12/07(木) 20:57:56 ID:loYKkRkjO
夜の喉なり

103 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2006/12/07(木) 22:09:34 ID:8NBKQDPqO
夜のプール調教

108 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2006/12/07(木) 22:40:52 ID:RD5jaWld0
夜の連闘

116 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2006/12/07(木) 22:56:46 ID:zO05UoL/0
夜の「僕は乗っているだけでした」

まあ7は反則としてw 74、75、116は本当に秀逸。

スレには他にも名作があるんで、興味があったらドゾ。 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。