snobbish adversaria

アニメ、マンガ、ゲーム、スポーツ、ギャンブル、音楽、時事ネタ。 管理人が日々関心のある様々なものに対する雑感。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
【社会】若者「日本語を大切にしている」→誤用が目立つ→文化庁「どう大切にしているのか分からない」

 この世には3種類の人間がいる。

 数を数えれるか、数えれないかだ。


このコピペを思い出した。

スポンサーサイト
このページのトップへ
記事中のリンク先にある画像は人によってはグロ画像ですのでご注意下さい。

【長崎】ニワトリを襲った、体毛が抜け落ちた不気味な珍獣の正体は? 雲仙の民家で住民が捕獲

スレタイを見て「何人くらいチュパカブラって書いてるかなあ?」と
緩い発想でスレを開いた。すると本当に画像がチュパカブラだったw
(いや実際は病気の狸なんだけど)
スレ内にもあるがUMAってのはこういうのが元ネタなんだろうなあ。
ツチノコが餌を食べた蛇だったり、ビッグフットが猿だったり。


で、このニュースを見て思い出したのが下の記事。
【海外/インド】8本手足のラクシュミちゃん、大手術後3ヶ月。元気で陽気で歩行訓練も開始しました
8本の手足を持つ少女の写真?-?エンタメ芸能新聞

私はグロ耐性があんまり高い方ではないが、不思議とこの画像は
大丈夫
だった。この娘は表情も自然だし、顔も普通に可愛い。
すると生々しさが薄れて、逆に超越した神々しさの方を強く感じてしまう。

その感覚の源泉については、その方面に詳しい方ならスレタイを見た時点で当然、思い浮かぶ名前があったと思う。インド神話の神々。あるいはアスラ(阿修羅)。もっと身近には千手観音。私も即座に連想した。(そのものズバリのラクシュミという神もいる。FF6でお馴染みだよね)

これら超常的な存在と、無意識に発想が繋がった為にそう思った。
それはそれで納得は出来るが、疑問も感じる。上の様な神々の存在
知らなければどう思っただろうか。
上で書いたUMAと同様にこういった奇形が、神の造形の元となった
とすれば、神々しさを感じるのは本能的なものでもあるのか。

まあこの記事は「そんな風に思った」というだけのネタなので
結論は当然無いw この問題を難しく語ると、サピア・ウォーフの仮説
などの言語相対論と言語決定論とか認知意味論の話に(言葉が先か認識が先か)。
簡単に語ると鶏と卵や、ちょっと前の絶望先生の話になるわけです。
誰もが思うふとした疑問ということで。
このページのトップへ
今日は朝っぱらから震えに震えた
半分寝ぼけた状態でいつものごとく朝刊を読んでいたわけだけど、
3面に載っていた以下↓のニュースでパッチリと眼が開いた。

対北決議採択10日間の攻防 中国譲歩させた日米の絆

 北朝鮮をめぐる国連安全保障理事会を舞台にした攻防は、非難決議の採択という形で一応、決着した。10日間にわたる攻防と混迷の過程を振り返る。(ニューヨーク 長戸雅子、石橋文登、大谷次郎)
  
 「ミサイル発射は日本の安全保障にとり直接の脅威だ」
 大島賢三国連大使は制裁決議案を提示した7日、安保理非公式協議でこう明言した。日本にとり妥協の余地がないことを内外に宣言したのだ。国連外交筋は「『直接の脅威』という強い表現を日本の外交官から聞いたのは初めて。日本の覚悟を感じた」と振り返る。
 当初、安保理のメッセージとしては最も位置づけが低い報道声明による解決を提案した中国。それがやがて議長声明へと譲歩し、中朝協議が不調に終わるのを見越すや、ロシアと非難決議案の提示に踏み切った。
 このとき、中国の王光亜国連大使は「制裁決議案が採決されるなら、(本国から)拒否権行使の指示を受けている」。拒否権行使をちらつかせるのは中国のいわば常套(じょうとう)手段。だが、「ここまで露骨に明言するのは異例だ」(欧州外交筋)と周囲を驚かせた。それは裏を返せば、日本の強い姿勢を目の当たりにした「中国の焦り」(国連外交筋)だともみられた。
                  ◇
 「これなら全会一致で採択できる。日本の勝利だ」
 16日未明、ハドリー米大統領補佐官は、安倍晋三官房長官に電話をかけ、国連憲章7章を削除した非難決議案への賛同を求めた。
 「十分に法的拘束力はある。米国は採決の際、拘束力があることを明言する考えだ」。念を押すハドリー氏。非難決議案の「国際平和と安全の維持への安保理の責任」という表現に加え、採択にあたり口頭によって決議の拘束力を確認すると説明した。安倍氏は提案に理解を示したものの、最終的な判断は麻生太郎外相とライス米国務長官の電話会談に委ねることで合意した。
 その麻生氏は15日深夜、外務省幹部から妥協案をのむかどうか決断を迫られていた。「日本以外の14カ国はすべて賛成です」と説明する幹部。麻生氏は「7章にかわる表現で本当に制裁が担保されるのか。中国を含めた14カ国が本当に賛成するのか。もう一度確認を取ってから連絡をくれ」と念を押した。
 「日本の国家としての意思を問われている。中国の拒否権行使もいとわない」と考える麻生、安倍両氏にとり「制裁」の根拠となる7章の削除は苦渋の決断だった。
 ハドリー氏との電話会談を終えた安倍氏は即座に麻生氏に電話をかけた。「厳しい選択ですが、よくここまでこられたとも言えます。最後は麻生さんの判断にお任せします…」。麻生氏は腹を固め、秘書官に言った。「ライス氏と話をする。電話をつないでくれ」
                  ◇
 政府内が常に一枚岩だったわけではない。早期の妥協を模索する動きもあった。とりわけ12日に中国とロシアが非難決議案を提示して以降、外務官僚は「落としどころ」を探ろうとはやる。
 14日、麻生氏の堪忍袋の緒が切れた。大臣室。 「こちらが突っ張ったから、中露は議長声明から非難決議に譲歩したんだろ。あんたらは優秀かもしれないが、けんかの仕方を知らないんじゃないか。成功するまで報告はいらない」
 幹部を叱責(しっせき)すると姿を消した。背水の陣を促したのだ。
 15日午後、安倍氏の電話が鳴った。国連日本政府代表部の北岡伸一次席大使だった。
 「英仏両国が7章を削除した妥協案を提示しています。国際社会に強いメッセージを発する内容で、中国も賛同の意を示しています。むしろ日本がまとめ役として…」
 安倍氏は「こちらはすでに第7章を40条(暫定措置)に限定するところまで譲歩しているではないか」と不快感をあらわにした。電話を切ると、ため息まじりにつぶやいた。「日本が降りるにしても最後の最後。ギリギリまで妥協に応じるそぶりすら見せては駄目なのに、なぜ分からない」
 この一件は外務省にも伝わった。谷内正太郎事務次官は、即座に外務省飯倉公館に幹部を非常招集し、「最後まで日本政府は基本方針を貫く。最終的に妥協に応じるかどうかは閣僚レベルの政治判断だ」との旨を徹底させるように指示した。
 ニューヨークで14日夕(日本時間15日午後)、安保理常任理事国の非公式協議後に、日本が再び態度を硬化させたのはこのためだった。中国の王大使は「一部の国が過剰反応している」と日本を批判した。
                  ◇

■小泉首相「最後まで突っ走れ」

 安保理での駆け引きが続く中、小泉純一郎首相が中東へ出発する直前に安倍、麻生両氏に出した指示はただ一つだった。
 「最後まで突っ張れ。決して引くな」
 ブッシュ米大統領のホワイトハウスへの指示も「小泉を困らせるな」のひと言だったと伝えられる。非難決議採択にこぎつけた最大の要因は、小泉首相とブッシュ大統領が築き上げた「日米の絆(きずな)」だったといえる。
<産経新聞>


全体の流れも劇的だが、特に太字の台詞。これなんてプロジェクトX? 
と思うような熱さだ。カッコよすぎるぞw しかし、

>早期の妥協を模索する動きもあった。とりわけ12日に中国とロシアが
>非難決議案を提示して以降、外務官僚は「落としどころ」を探ろうとはやる。

頭達の戦略的知見と確固たる意志に対して、手足どもの相も変わらぬヘタレぶりは……。


とはいえ、この記事は事実を伝える記事としては少し演出過剰だとは思うw
"堪忍袋の緒が切れた"、"ため息をついた"、"幹部を叱責すると姿を消した"、
"背水の陣を促した"とか、「講談師、見てきたように~」って感じがしないでもない。
曲解記事をばら撒かれるよりは遥かにましだけど。




対北朝鮮安保理決議交渉の要約(爆w このページのトップへ
asahi.com: ウナギの産卵場はグアム沖 東大教授ら、幼生捕獲に成功
Sankei Web ニホンウナギ 生まれはマリアナ諸島

タイトルと↑の記事を見ただけでは、話が見えないかもしれないが、
実はウナギはつい最近までずっと絶滅危惧種だったのである。

ウナギ減少、価格上昇
ウナギ資源の管理現況と保全対策

普通に食卓にも上がっているし、「天然に比べて養殖ウナギは……」
とか言われる位だから、養殖もされてるんでしょ? なんで絶滅なの?
という疑問が浮かんだ人も多いと思う。実は一般に養殖ウナギと呼ばれて
いるのは稚魚を捕獲し、育てたものを指す。卵からではないのがポイント。
今回のニュースの重要性もこの事実を知らないと、ハァ、で終わりそうなものでw

つまり、
ウナギが減ってる

育てる為の稚魚も減ってる

養殖したいのはやまやまだが、卵はおろか稚魚の生態も不明

このままだとウナギが食えなく(あるいは超高級品に)なるかも……。

今日のニュース!(゚∀゚)

てな感じ。
なんというか、日常にさえこれだけ科学が発達しても、解らないものはあって。
しかしそうであっても、いつかはやっぱり解決されていくのだというのは、
考えるだにとてもとても感慨深いものがある。

私は、台風や地震なんかのニュースの際に、したり顔で
「科学(人間)の力なんて自然に比べればちっぽけですよねぇ」とか言い出す輩が
好きでない。また「この世には科学で解明できないものがあるんだよ」と
何故か嬉しそうにいう人も同じく。

そういった未知の部分を隠れ蓑に、逃げ場にアインデンティティを確立しようと
している輩に対し、真実を求める研究者の格好良さったら無い。これこそ
漢というものだろう。

オチ無し! このページのトップへ
SHINSAIBASHI SOGO(そごう心斎橋本店)より。

なにわ遊覧百貨店……。なんと見事なフレーズだろう。このそごう心斎橋本店の
コンセプトの一つに、昭和初期(大正)的なイメージ・モダニズム、があるらしいが
正にど真ん中に行っていると思った。

私など全ていわずに"遊覧"という言葉だけで、その雰囲気に充分酔えた。
なにわ。 遊覧。 百貨店。という用語選択のジェットストリームアタック。
それに宮沢りえのCMの格好や、歌。そして一言の台詞「めっちゃモダン」。
それらが相乗される。心を抉られる事、頭が揺らされる事限りない。

実際に土曜日に服部克久「音楽畑」コンサートを見にそごうに行ったわけだが、建物も劇場も立派なものだった(勿論、音楽はいうまでもなく。リッチな午後だった……)。
正直、まだまだ人が多杉(エレベーターもエスカレーターも長蛇の列)で、充分に見て回ることは到底できなかったけれども、いいものが出来たなァ、と満足感は味わうことが出来た。客足がほどほどに落ち着いてから、もう一度じっくり訪れてみたいものだ。
【“なにわ遊覧百貨店”の続きを読む】 このページのトップへ

Information

叡昭、AShou
  • Author: 叡昭、AShou
  • 御意見・御要望など、連絡事項はメールでどうぞ。
    mail to:grey_ashouアットマークyahoo.co.jp

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。